Facade Design

神宮の杜と寄り添い
洗練された邸宅美を纏うレジデンスへ。

外観完成予想CG

神宮の杜の傍に位置し、都心でありながら暮らしの温もりも感じさせる街「代々木参宮橋」。
この恵まれた立地に相応しい邸宅の姿を求め、さまざまな吟味と検証を重ねました。
奇をてらわず、華美に走らず、本質的な美しさを求めること。
同時に、常識にとらわれた集合住宅らしさを払拭すること。
この二つを大切にしながら、想いを込め、こだわりを貫くことで誕生したのが「ブランズ代々木参宮橋」です。
ファサードが表現するのは、不規則の中の規則性。
ランダムでありながら、絶妙なバランスで、整然とした美しさを印象づけるその姿は、まさに、ここに暮らす人々の美意識とスタイルに呼応するものです。

コーチエントランス完成予想CG

Coach Entranceコーチエントランス

自然石を切り出した壁材が、空間に風格と重厚感をもたらします。天井には木調の仕上げ材を使い、室内に用いた無垢材との連続性を演出しました。素材一つひとつの風合いが空間の存在感を高めます。

外観完成予想CG

Corner Sashコーナーサッシ

駅を出て、眼前に姿を現す美しいレジデンス。その時まず目を引くのが、コーナーサッシのあるファサードです。空や緑、そして周囲の街並を映すガラスの連なりは、洗練された外観を強調すると同時に、室内空間には開放感をもたらします。特に、今回は逆梁コーナーサッシ※1とし、天井までのハイサッシを採用しているため、空へ向かって視界が広がり、のびやかで心地よい暮らしを堪能していただけます。※1:A・E・L・O ※・T・Uタイプ ※Oタイプはコーナーサッシの外にルーフバルコニー

外観完成予想CG

Penthouseペントハウス

最上階には、開放感や独立性を堪能できるペントハウスがあります。その存在感を際立たせるよう、外へ大きく張り出した庇や、ガラス窓が印象的なデザインを採用しました。庇が切り取るシャープなスカイラインは、ファサードで強調された水平ラインと呼応しています。また、屋上緑化により施された豊かな緑は、目の前に広がる杜の緑との連続性を感じさせます。まさに、神宮の杜を抱き、杜の緑とつながるレジデンスが、ここに誕生するのです。

外観完成予想CG

Facade1Fファサード

建物全体を、ヨーロッパのデザイナーズホテルを思わせる、スタイリッシュで洗練された印象でまとめるのと同時に、通りを歩く人の目線からどう見えるか、いかに上質感を伝えることができるか、ということも大きなテーマでした。そこで、アイレベルの外壁には、ダークカラーの自然石を採用。全体の印象を引き締め、重厚感や堅牢さを際立たせました。明治神宮の傍に佇む邸宅にふさわしい、堂々たる装いです。

使用されるマテリアル

Materialsマテリアル

スタイリッシュなファサードに、重厚感や落ち着きを加えるため、外壁タイルは300mm×150mmの大判サイズとしました。さらに、一部外壁には手仕事の温もりが伝わる左官仕上げや、自然の風合いが目を引く石材、全体をシャープに引き締めるダークカラーのメタルプレートなどを採用。マテリアル一つひとつの質感を吟味し、バランスを見極めながら組み合わせることで、豊かな陰影が感じられる建物を創出しました。

Corner Sashコーナーサッシ
Penthouseペントハウス
Facade1Fファサード
Materialsマテリアル