MODERNISM阪神間モダニズム

「阪神間モダニズム」文化が
生み出した邸宅街

明治時代、鉄道を通じて神戸港から阪神間エリアに西洋文化が浸透。
続いて沿線の住宅地開発が進行し、財界人や著名人が自邸を構え、高級ホテルや娯楽施設も誕生。
明治、大正、昭和初期にかけては、西洋文化を採り入れた「阪神間モダニズム」と称されるモダンな生活文化が花開きました。

昭和初期には皇族や文化人、海外の要人などを迎える「甲子園ホテル」が建てられたほか、 旧国鉄東海道本線「甲子園口」駅の開業を機に、駅を中心とする田園都市も形成されました。
こうして甲子園口周辺は、華やかな文化や格式ある風情に彩られた邸宅街として現在に至ります。

継承INHERITANCE

モダニズムの継承

阪神間エリアは明治期から鉄道が開通し、邸宅地として成長。
西洋文化の流入により、「阪神間モダニズム」と称される華やかな生活文化も開花し、その潮流を受け継ぐ阪神間屈指の邸宅地へと発展していきます。

image photo
image photo

格式FORMAL

格式ある風情

大正末から昭和初期にかけて、意匠に凝った「武庫大橋」やスペイン風洋館「松山大学温山記念会館」(旧新田邸)、名建築家フランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新設計の「武庫川女子大学 甲子園会館」(旧甲子園ホテル)など、モダニズムを反映した名建築が次々と誕生。住環境重視の街づくりも進められ、格式ある邸宅地として歴史を重ねていきました。

image photo
image photo