資料請求者様限定サイト

立地概念図イラスト

DESIGN

新しいライフスクイルを生み出す
「アカデミックレジデンス」。

巡る季節のように常に変化があり、知的好奇心をくすぐり、インスピレーションをかき立てるような住環境。
それが、創造性にあふれる新しいライフスタイルをかなえるだろうと考えました。
外観、ランドスケープ、共用空間。すべてに貫いたデザインコンセプトは「アカデミックレジデンス」。
あふれる緑とともに漂う知性も、土地の系譜を受け継いでいます。

豊かな時間を演出する
多彩な共用空間をご用意。

ランドスケープのテーマは、植物園のような知的活動の場とし、一年を通して自然の美しさを愉しめる環境を追求した「ボタニカルガーデン」。 四季の彩りに包まれながら、住まう方々の時を演出する多彩な共用空間をご用意しました。住民同士の交流を促す「パーティールーム」や、それぞれの知的活動を楽しめる「ライブラリーラウンジ」、時には自然を眺めてゆっくりと過ごせる「ガーデンラウンジ」など、思い思いの時間を、豊かに楽しむことができます。

All Image Photo

Gallery

外観完成予想CG

外観完成予想CG

グランドエントランス完成予想CG

ガーデンテラス完成予想CG

サクラエントランス完成予想CG

ガーデンコリドー完成予想CG

ガーデンラウンジ完成予想CG

グランドラウンジ完成予想CG

ライブラリーラウンジ完成予想CG

パーティルーム完成予想CG

外観

レンガを基調とする建築が佇んでいた、キャンパスを彷彿させる外観美。

外観

桜通り沿いに設けた、落ち着いた趣のエントランス。

車寄せ

品格と温もりが薫る、車寄せを設けた迎賓空間。

ガーデンテラス

緑を感じながら贅沢な時間を過ごせるオープンエア空間。

サクラエントランス

桜通りに面し、その風景を取り込むもう一つの迎賓空間。
秋に染まるケヤキをシンボルツリーに、車寄せを設けました。

ガーデンコリドー

四季に移ろう庭園風景を堪能し、回遊できる散策路。

ガーデンラウンジ

窓に映る春夏秋冬の風景を眺めながら、ゆったりと過ごせる空間。

グランドラウンジ

開放感あふれるラウンジ。ソファに身を委ねてくつろげる場所。

ライブラリーラウンジ

蔵書はカリタス女子短期大学から継承。ワークスペースを設け、Wi-Fiも完備。

パーティールーム

窓を開けてテラスとの一体利用も。料理教室などにも活かせるキッチンを併設。

四季に移ろうランドスケープ。
テーマは、植物園。

春、夏、秋、冬。多種多様な樹々や花々が、新しい季節の到来を伝えるランドスケープ。
中庭空間は回遊性を高め、住まいへの帰り道にも、四季の移ろいを愉しめる風景を描いています。

をクリックしていただくと、CGがご覧いただけます。

敷地完成予想イラスト

ライブラリーラウンジ

蔵書はカリタス女子短期大学から継承。ワークスペースを設け、Wi-Fiも完備。

カンファレンスルーム

ミーティングだけでなく、来客や趣味の集いにも利用できる個室空間。

グランドラウンジ

開放感あふれるラウンジ。ソファに身を委ねてくつろげる場所。

パーティルーム

窓を開けてテラスとの一体利用も。料理教室などにも活かせるキッチンを併設。

ガーデンラウンジ

窓に映る春夏秋冬の風景を眺めながら、ゆったりと過ごせる空間。

ガーデンテラス
&コンシェルジェ

緑を感じながら贅沢な時間を過ごせるオープンエア空間。

ゲストルーム

大切なゲストをもてなすことができる、和・洋ふたつのタイプをご用意。

スカイガーデン

屋上に広がる開放的な空間。ウッドデッキを敷き詰め、ベンチを設置。

グランドエントランス

品格と温もりが薫る、車寄せを設けた迎賓空間。

サクラエントランス

桜通りに面し、その風景を取り込むもう一つの迎賓空間。
秋に染まるケヤキをシンボルツリーに、車寄せを設けました。

ガーデンコリドー

四季に移ろう庭園風景を堪能し、回遊できる散策路。

豊かな時間を演出する多彩な共用空間をご用意。

ULI Global Award for Excellence、BCS賞、さらに数々のグッドデザイン賞。光井純氏が手掛けてきた街づくりや建築作品は、国内はもちろん、海外でも高い評価を獲得しています。彼が監修を担う「プランズシティあざみ野」には、どんな思いが込められているのか。デザインコンセプトに掲げた「アカデミックレジデンス」などについて、資料請求者様限定公開の「DESIGN BOOK」にて、語っていただきました。是非ご覧ください。

光井 純/建築家

PROFILE

光井純アンドアソシエーツ建築設計 事務所株式会社、ペリ クラ一ク ペリ アーキテクツジャパン株式会社、両社の代表取締役として国内外のプロジェクトに参画。日本大学客員教授。