• TOP
  • 案内図
  • TEL
  • TOP
  • 物件概要
  • 代表間取り
  • 現地案内図
  • 資料請求
  • 来場予約

DESIGN

外観完成予想CG



お読みになりたいコンテンツをクリックしてください。

邸宅美

地の歴史を受け継ぎ、次代に共鳴するデザイン。

外観完成予想CG

番町で磨き上げた邸宅の美学。
その本質を継承し、今、鮮やかに進化を遂げる。

外観完成予想CG※1

番町の風景と時間に調和し、次代に愛される邸宅とはいかなるものか。

この地における邸宅づくりと真摯に向き合ってきた東急不動産は、
その答えを、伝統だけでなく、先進だけでなく、それらの融合にあると考えました。

思いを託した坂倉建築研究所が導き出したのは、“和のエッセンス”と“普遍的美意識”という二つの価値軸。
ルーバー手摺のバルコニーをはじめとする日本建築伝統の水平ライン、土壁を思わせる無釉タイルに宿る色彩の記憶、
黒のサッシや小庇が見せる格子の美、そして、木立の先に見え隠れするように演出された安らかな奥。

それらの要素を、古くから絵画、建築、装飾などに用いられてきた
不変的な美の手法であるシンメトリーデザインとしてまとめ上げ、
さらに開放感あふれるコーナーサッシュのモダンな美を添えることで、
「ブランズ六番町」はこの地にかつてない邸宅美を描きます。

六番町の風景と時間に調和する美しさを纏い、後世にまで愛されるヴィンテージマンションをつくり上げるために。
ふさわしい気品と表情を宿す上質な素材を選び抜きました。
一つひとつの素材が互いに惹かれ合うように調和を描く本物の建築。
それは誇り高い光景となり、住まう方の愛着を育みながら、悠然と時を超えていきます。

日本の近代建築の代表的素材であるテラコッタ。 外壁タイルには、自然な風合いが美しく、耐久性と装飾性にも優れたこの素材を用いています。

外観基壇部やELVホールの壁面には重厚感漂う本物の花崗岩を。 同じ素材を用いながら、仕上げの違いによって異なる表情を演出する手法は、 シンプルの中に多様性を見出す「日本の美」を意識したものです。

エントランスホールを彩るのは、職人の手によるスタッコ塗装の化粧壁。上品な光沢感のある素材に繊細な櫛引仕上げを施すことで、 凛とした空気と温もりが同居するモダンな和の空間美を表現しました。

番町という土地の文脈を受け継ぎながら、次代に映える先進の

創設者である故・坂倉準三(1901-1969 年)は、世界的建築家 ル・コルビュジェ(1887-1965 年)に師事し、帰国後1940 年に、「坂倉準三建築研究所」を創設、「神奈川県立近代美術館」などの近代建築の歴史に残る作品をはじめ、新宿駅などの都市スケールの開発から個人住宅まで、多くの実績を残してきました。

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、多少異なる場合、または変更となる場合がございます。雨樋、給気口、スリープ等、一部再現されていない設備機器がございます。外壁タイルを表現するために、実際のタイル目地とは異なる大きさで表現しています。
※1 掲載の外観完成予想CG は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状、色味等は実際とは異なります。石貼、石畳の大きさは実際とは異なります。なお外観形状、細部、フェンス、照明、排水設備、室外機、雨樋、換気口等の設備機器は一部表現を省略または簡略化しております。植栽は変更となる場合がございます。また特定の季節、時期、または入居時を想定して描かれたものではありません。葉の色合いや、枝ぶり、樹形は想定であり、竣工時には完成予想CG 程度には成長しておりません。予めご了承ください。

東急不動産のBRANZに関するご案内