ランドプラン

「都市景観形成地区」指定の美しい風景に映える、総25区画の上質なまちづくり。

LANDPLAN

箕面白島の穏やかな丘陵地に描く、環境と共生するまちづくり。

街の南西角に約292m²の提供公園を設置。パーゴラとベンチを設けた広場を囲むように、桜、ハナミズキ、キンモクセイ、イロハモミジなど四季に色づく木々を植樹しています。なかでも3本のソメイヨシノは、この地で樹齢を重ねた木々を大切に受け継いだもの。住まう方同士や地域の方々との穏やかな挨拶が聞こえ、子どもたちの笑顔があふれるコミュニティシンボルとなります。

■ 「都市景観形成地区」とは…

美しい自然に恵まれたこの白島三丁目は、背景となる山なみ景観への調和を基本に、樹木や緑化だけでなく、住宅デザインや素材にも制限を設けた「都市景観形成地区」となっています。

邸宅街に緑の風がわたる、四季の彩りが薫る豊かなガーデンプラン。

各邸のシンボルツリーには、常緑樹のシマトネリコを採用。さらに多種多様な中低木を配することで、厚みのある緑景を創出します。花や実に特長のある植物による四季を感じさせるガーデンプランとしました。

ランドプランイメージイラスト
  • シマトネリコ

    シマトネリコ

  • シラカシ

    シラカシ

  • 常緑ヤマボウシ

    常緑ヤマボウシ

  • ヒメユズリハ

    ヒメユズリハ

  • フェイジョア

    フェイジョア

  • ベニバナトキワマンサク

    ベニバナトキワマンサク

街としての景観と、日々の暮らしに配慮した街区設計。

  • 街区のゲートとしてシンボリックな表情を演出するシンボルツリーとコーナーウォール。

    街区のアイストップとなる部分にシンボルツリーをはじめとした植栽や質感のあるデザインウォールを配置。街のゲートとして、住まう方やゲストに瀟洒でナチュラルな印象を与えます。

    シンボルツリーとコーナーウォール
  • 住まう方とゲストを優しく迎えるLED照明。

    各邸の外構照明には、省エネに配慮した長寿命のLED照明を採用。柔らかな存在感で住まう方やゲストを優しくお迎えします。

    LED照明
  • 豊かなカーライフをサポート、全邸に2台分のカーポートスペース確保。

    カーライフをサポートする全邸2台駐車可能なカースペースを確保。さらに、隣棟間にカースペースを連続的に配置することでパティオのような空間だまりをプランニング。この空間だまりが風の通り道や日差しの抜け道を確保。また、隣棟同士の窓が向き合わないように開口部のレイアウトにも工夫し、プライバシーを大切にしています。

    カースペース