田町駅前(徒歩8分/約600m)

LOCATION

LOCATION
ロケーション

港区として、山手線沿線として、
水辺都市として重要な居住計画地。

港区に住むという価値だけではない。
此処はJR山手線を徒歩圏に従える都心の拠点、ビジネスを征する必然。

田町駅前(徒歩8分/約600m)
田町駅前(徒歩8分/約600m)

東京都が指定する「センター・コア再生ゾーン」※1
JR山手線沿線としても重要な居住計画地。

港区・芝浦は、東京都が都心居住を促進する「センター・コア再生ゾーン」にも指定されており、様々な大規模再開発を通じ利便性を高めています。JR山手線沿線地としても独自の特性があり、上場企業の本社などのオフィス集積エリアと、成熟した住宅地の広がる生活を主としたエリアを併せ持っており、高機能な職住近接地として人気を集めています。

「ビジネス」と「生活」の両機能を
高度に備える都心居住地。

大規模再開発により発展した駅前の先進的な日常と、
古くより根づく水辺の都市文化がしなやかに融合する地。

周辺マップ
周辺マップ
田町の利便性を牽引する
「msb Tamachi
(ムスブ田町)」。

「アジアヘッドクォーター特区」に指定されている田町駅周辺エリアは、国際都市東京の玄関口としての役割を期待され、芝浦側で大規模な再開発を実施※3。歩行者デッキ等による駅直結の複合ビジネス拠点や緑豊かな都市環境が生まれ、生活利便性も大幅に飛躍させました。

msb Tamachi(提供:三井不動産株式会社)
msb Tamachi(提供:三井不動産株式会社)

歴史ある港区・山の手側の水辺。
洗練された都市生活文化。

江戸時代より、江戸への玄関口として由緒ある歴史をもつ田町駅周辺。都心と隣接する水辺の生活地である芝浦は、国や東京都が推進する「運河ルネサンス」のもと、地域コミュニティにより独自の生活文化が育まれ、様々な憩いの場、交流の場が設けられています。

芝浦運河沿緑地(徒歩3分/約200m)
芝浦運河沿緑地(徒歩3分/約200m)
江戸時代、東海道からの関所であった「札の辻」。
現在も交通の要所として使われている。※4

運河ルネサンスによる取り組み

  • image photo

    2007年に多目的桟橋として設置された芝浦アイランド桟橋。水上バス乗り場、イベント用桟橋として利用。

  • image photo

    地域の活性化を目指し、住民が一体となり毎年行われる芝浦運河まつり。

都心近接にして、
水辺と緑の潤いに満ちた港区。

駅前再開発エリア、ビジネスエリアに隣接しながら、
水辺の潤いを日常的に享受できる生活エリアに位置しています。

オンオフの切り替えもしやすい、自然豊かな港区生活地。

アクティブなビジネスシーンを送る日常だからこそ、リラックスできる時間も求めたい。港区・芝浦は運河沿いの街として水辺の潤いを常に享受できるほか、自転車を使えば、手軽に都心のオアシスともいうべき様々な公園にアクセスでき、多彩に憩いのひとときを過ごすことができます。

※周辺エリア概念図
※周辺エリア概念図
水辺と緑を感じる遊歩道(芝浦運河)

芝浦エリアの運河沿いは整備された遊歩道が広がっています。水辺を間近に感じながら、ひと息ついたり、散歩やジョギングなど、過ごし方は様々です。

芝浦公園

駅の側に設けられた、芝生の広がる開放的な公園。遊具やロッククライミング、3オン3のできる広場など設備が豊富に揃っており、多世代が憩える場です。

埠頭公園

園内には、芝浦から日本初の南極探検に出発した開南丸を模倣した船の木製遊具などの施設が。人工芝、ナイター照明、観覧席などの整った少年野球場もあります。

プラタナス公園

開放感あふれる住民の憩いの場。芝生広場には公園名にもなっている、都内でも珍しいプラタナスの巨木がシンボルとしてあります。

芝公園

江戸時代は増上寺境内の一部であった日本最古の公園の一つ。13,000㎡以上の広大な面積を誇り、自然も豊かで、都心のオアシスとして愛され続けています。

浜離宮恩賜庭園

江戸時代の代表的な大名庭園。国により特別名勝及び特別史跡に指定されており、都内で唯一の海水の池や三百年の松など、歴史と文化の薫る趣深い庭園です。