代々木公園の展望デッキ付近で(現地より約1,700m)

ご契約者様の声 OWNER'S VOICE

現在は京王井の頭線「駒場東大前」駅近くのマンションに暮らすNさんご家族が新たな住まいとして「ブランズ代々木参宮橋」に出会ったのは購入の数ヶ月前のこと。中学生になったご長女のプライベートな空間が必要になったこと、Nさんのワークスペースとして個室が必要になったことで住み替えを検討しはじめた一方、「常により良い家を探しています(笑)」と語るNさん妻が本プロジェクトを見学に訪れたことも大きな契機だったといいます。お子様の誕生以前から長く都心のマンションに暮らしてきたご夫妻が、「ブランズ代々木参宮橋」のどのような点に惹かれて購入を決断されたのか──購入に至る過程について詳しく伺いました。

\ご契約様に聞きました/ ブランズ代々木参宮橋の魅力とは

Nさんご夫妻

「ブランズ代々木参宮橋」ご契約者の
Nさんご夫妻

中学生、小学生のお子様がいる4人家族。現在の生活圏は渋谷がメイン。
お子様の電車通学のしやすさも重視したといいます。

「これまでは生活圏として、自宅から出やすい渋谷を使うことが多かったのですが、そこに新宿と原宿・表参道が加わることにまず大きな期待を抱きました。また、代々木上原~代々木八幡~参宮橋駅の周辺が以前から大好きで、そのエリアにあるレストランやカフェ、ショップなどをより日常的に使えるようになることも魅力的でした」(Nさん妻)

「ブランズ代々木参宮橋」を選んだ魅力のポイント3

  • point1.交通利便性
  • point2.周辺の緑と駅徒歩3分の価値
  • point3.デザイン性と機能性
point1

交通利便性

「複数路線(6駅11路線)を使えること、その中でもJR「代々木」駅から山手線が使えることが大きかったです。」

家族全員がメリットを享受できるほどのマルチアクセス

「複数路線(6駅11路線)を使えること、その中でもJR「代々木」駅から山手線が使えることが大きかったです。私たちの通勤も便利になるのですが、電車通学をしている子どもたちの負担が少なくなることがもっとも重要でした。新宿や渋谷にはバスでも行けますし、そのバスでお互いの両親の家にもより行きやすくなるんです。
高速道路が近いですが、私たちが購入した住戸からは窓から真下を覗き込むよう見なければ道路は見えません。どちらかというと、目の前に建物が建っていないことによって、窓の先に抜けのある眺望が広がっていることに魅力を感じました」(Nさん妻)

現地周辺航空写真

6駅11路線(※1)のマルチアクセスが日常に(現地周辺航空写真)

point2

周辺の緑と駅徒歩3分の価値

「明治神宮と代々木公園の緑をいつでも自宅から望めること…資産としては、渋谷区で駅徒歩3分であること…」

同じ住まいはふたつとないもの。住まいにはそれぞれ個性があるものです。その中でも、他とは一線を画す際立った個性を感じさせる住まいがあります。例えば「ブランズ代々木参宮橋」をそんな際立つ存在たらしめている要素のひとつが、明治神宮に近接する立地であるということ。ステータス性を感じるという方も多いでしょう。
もうひとつは、「ブランズ代々木参宮橋」が「代々木八幡」駅付近から新宿方面へと緩やかに続く高台立地に位置すること。この高台一帯は、武蔵野台地の東部にあり、「明治神宮」「代々木公園」「代々木体育館」などもこの台地の上に位置しています。Nさんご夫妻はこの立地についてどう感じられたのでしょうか。

高台概念図

現地は代々木台地の高台に立地(高台概念図)

明治神宮をすぐそばに暮らす喜びを

「今の住まいはマンションの1階にあるので、新しい住まいには開放感や抜けのある眺望を求めていました。その点でもこのマンションは私たちの希望通りでした。

それと、私たちがマンションを選ぶ上で重要視するのは立地です。渋谷区、目黒区、港区のいずれかのエリアで、大きな公園があって、隠れ家のようにこだわりのお店が集まっていて、多様な楽しさに溢れているような……そんな空気感のある街が好きなんです。

参宮橋は以前に住んだ経験からそうした空気感のある街だと知っていましたし、代々木公園が近く、駅徒歩3分という点も条件通りでした」(Nさん妻)

「私は明治神宮と代々木公園の緑をいつでも自宅から望めることが魅力的でした。朝などに散歩もしてみたいです。仕事の前や仕事中の息抜きにすぐ明治神宮に行ける環境はそう多くはないですよね。家族全員がテニスをするので代々木公園が近くなるのはやはり嬉しい。

資産としては、渋谷区で駅徒歩3分であること、JRを含む複数路線を使えることが魅力でした。将来的に、子どもたちが独立したら、また住み替えるかもしれませんが、将来を考えると安心感がありました」(Nさん)

朝の散歩も仕事の息抜きも明治神宮で

朝の散歩も仕事の息抜きも明治神宮で

過去10年で渋谷に分譲された新築マンションの物件数割合

不動産経済研究所調べ(※2)

point3

デザイン性と機能性

「これまで見てきたマンションとは明確に違うデザイン…細部まで丁寧に吟味されている印象を強く持ちました。」

開放感のあるフルオープンのキッチン

フィオレストーンの天板、マットな質感も印象的なドイツのハンス・グローエ社とクリンスイの協同開発による混合水栓など、機能性とデザインがハイレベルで融合するキッチン

上質なキッチンはご夫妻の大のお気に入り(モデルルーム)
上質なキッチンはご夫妻の大のお気に入り(モデルルーム)

上質なキッチンはご夫妻の大のお気に入り
(モデルルーム)

リフォーム関係のお仕事をされているNさん妻は、プライベートだけでなく、仕事でもこれまでたくさんのマンションを見学されてきたそうです。

「私自身が住み替えの多い家庭に育ったこともあり、これはと思ったマンションには見学へ行っていました。ただ職業柄もあり、室内のデザインが今ひとつ好みに合わないことも多くて。「ブランズ代々木参宮橋」はどこのマンションとも違ってデザインが素晴らしかった。それでどうしてもここに住みたいと夫にプッシュしまして(笑)」(Nさん妻)

ホテルライクなコーナーサッシ部分のカウンター(モデルルーム)

ホテルライクなコーナーサッシ部分のカウンター
(モデルルーム)

ワークスペースもご覧の通りの洗練された空間(モデルルーム)

ワークスペースもご覧の通りの洗練された空間
(モデルルーム)

「これまで見てきたマンションとは明確に違うデザインでした。私が気に入ったのは、床材、ドアの把手、マットな質感の水栓、どれをとっても質感にこだわりが感じられ、細部まで作り込まれていると思いました」(Nさん)

「フルオープンのキッチンも、これまであまりお目にかかりませんでした。吊り戸棚や、コンロ前の壁に遮られることもなく、ここまでオープンだと室内が広々としますね。天井高も2600mmあり、理想としていた開放感がしっかりとあると思いました」(Nさん)

「デザイン性だけでなく、暮らしてからも長く綺麗な状態を維持していけるよう、掃除しやすい素材を使っていたり細部まで丁寧に吟味されている印象を強く持ちました。購入前は遮音性や換気への対策は気がかりだったのですが、換気システムや遮音性の高いサッシの効果は充分に納得できるものでした」(Nさん妻)

エントランスや共用部にも確たる個性を

「今のマンションは割と共用部が充実している反面、全く使わない場所もあるんです。ランニングコストを考えても、共用部は少なくてよいというのが私たちの考えでした。ひとつひとつの場所のデザインが革新的で、クオリティが高いことに魅力を感じました。ラウンジの壁、床、家具などの素材の選定、四季を感じられる植栽がなにげなく見えるようになっていたり、細部まで凝ったデザインであることが何より響いた点でした」(Nさん)

「内廊下も空間として素晴らしい。各階にゴミ置き場があるのもいいですね。空間美と機能性が同居していることが魅力ですね」(Nさん妻)

エントランスロビー〜ラウンジ完成予想CG

エントランスロビー~ラウンジ(完成予想CG)