WORK AT HOME

Image photo

テレワークやホームオフィスが浸透し、
「働き方」のスタイルも、多様化する時代へ。

近年の政府が主導する働き方改革の影響もあり、テレワークやホームオフィスで仕事をする在宅勤務者の割合は増加しています。

通勤時間の短縮ができ、オンライン会議を企業が積極的に推奨するなど、これからも自宅で仕事をするというスタイルが広がっていくと見込まれます。

Image photo

「職住融合」がキーワードになる、これからの暮らし。
在宅勤務が広がる一方、住まいのあり方にも変化が。

在宅勤務で実際に仕事をするようになると、ライフスタイルも大きく変わります。

自宅にワークスペースを確保したり、PCやネットワーク環境を整えたりなど、
住まいで快適に仕事・作業するための工夫やアイデアが求められます。

今までの間取り選びや、住まいへのこだわりも、シフトする時代が来ています。

Image photo

「ブランズ練馬中村北」の“Work at Home”。

4LDK

ワークスペースをつくっても
広々リビングで寛げる4LDK。

在宅ワークの空間をつくったり、リビングをアレンジしたりと、部屋数とゆとりを活かして多様なライフスタイルが楽しめる4LDK。
主寝室や洋室に夫婦それぞれのワークスペースをつくれるのはもちろん、リビングの隣の居室をつなげれば、ホームパーティもソーシャルディスタンスを保って楽しめる贅沢な広々空間を実現できます。

リビング・ダイニング
リビング・ダイニング
emifice
※掲載の間取りは計画段階のもので、今後変更となる場合がございます。
※家具配置については家具を配置した場合の一例を想定して作成したイメージで、実際とは異なります。
※WIC:ウォークインクロゼット
※掲載の写真はモデルルーム[E1タイプ/403号室]を撮影(2020年3月)したものであり、一部オプション(有償)が含まれております。家具・調度品等は、販売価額に含まれておりません。また、タイプ・階数によって設置できないものがございます。詳しくは係員までお問い合わせください。