DESIGN建物デザイン

五山送り火を借景に、
風情ある街並みに馴染む
洗練の佇まい

外観完成予想図

DESIGN CONCEPT

京町家の伝統と意匠を受け継ぐ、
京感覚レジデンス。

この地にあった京町家の伝統を継承しつつも、現代にふさわしいフォルムや意匠へと昇華させ、
街や暮らしと響きあう新たな景観をつくる。
それこそが「ブランズ京都円町」が希求したデザインテーマです。
街並みに馴染む勾配屋根や深い軒、京町家の粋を薫らせる格子を採用するなど洗練の建築美を追求しています。

外観完成予想図

外観完成予想図

ARCHITECT

古都の風情と明日の京都を
「つなぐ」

設計コンセプトは、室町時代から続いた町家の風情とこれからの京都を「つなぐ」レジデンス。
デザイン保全区域や美観地区に指定されているこの地の新たな景観となるよう、
深い軒の連なりがつくる落ち着いた佇まいを創出しました。

株式会社 礎

一級建築士

藤原 武士

株式会社 平岡建築設計室

一級建築士

平岡 勝己

MATERIAL

歴史の脈絡を受け継ぐ
自然な風合いのマテリアル。

風情ある街並みに馴染むグレイッシュなタイル、京町家の表構えを表現した美しい縦格子など、
伝統の脈絡を受け継ぐマテリアルを採用しました。
アプローチやラウンジにはこの地で出土した石材を遺しています。

建築マテリアル

COMMON SPACE

地の記憶を紡ぎながら、
アートへと昇華させた迎賓空間。

エントランスを飾るのは、海外では「Japan」とも呼ばれ、
京都を象徴する伝統工芸である漆のアート作品。
その先には和の情趣をさりげなく漂わせる迎賓ラウンジが優雅に出迎えます。
歴史の遺構を飾り、壁面にはアートを並べるなど、
一期一会をかけがえのないものにするためにもてなしの心を受け継いでいます。

エントランスアプローチ完成予想図

円をモチーフに天体を表現

黒地の漆に金箔、銀箔を貼り、伝統的な白檀塗りで仕上げたアート作品。
北野天満宮の「天」から発想し、月・太陽・雲をモチーフに天体を表現しました。

漆芸家

野口 健

和とモダンが融合した、
贅沢な時を紡ぐ迎賓のラウンジ。

エントランスホールの奥には、和の情趣をさりげなく漂わせる迎賓ラウンジ。
大切なゲストのお出迎えやご歓談はもとより、
心静かにおくつろぎいただけるよう家具やソファの配置にも気を配りました。
歴史の遺構を飾り、壁面にはアートを並べるなど、
一期一会を大切にもてなしの心を受け継いでいます。

ラウンジ完成予想図

KYOTO CLASSY COLLAGE

モダンな中にも古都の気品、エッセンスが感じられる共用部をデザイン。
この地の記憶を継承しながらも、新しい京邸宅の美学を追求しています。

株式会社イリア
関西事務所

デザイナー

今井 慎二

LAND PLAN

古都を愉しみ尽くす日常。
屋上テラスからは
五山送り火を一望。

現地屋上テラス相当からの眺望写真

« »

立地敷地形状を活かした
京の住みよさを継承する充当配置。

敷地配置イメージイラスト

  • 1陽光あふれる南向き中心(54戸中40戸)
  • 2住まいの独立性を高めた3棟構成
  • 3人、車、自転車のアプローチを分離
  • 4駐車場には入出庫しやすいターンテーブルを設置
  • 5ゲストのお出迎えに利用できる迎賓のラウンジ
  • 6お散歩後のケアに便利なペット足洗い場
  • 7不在時の荷物を受け取れる宅配ボックス
  • 81階には専用庭付き住戸もご用意

レジデンスに季節の彩りを添える
風情ある植栽計画

  • シダレウメ

  • シホウチク

  • シラカシ

  • イロハモミジ

  • ヒラドツツジ

  • シャリンバイ