ページ内移動用のリンクです




BRANZタウン

1603年、江戸開府よりまもなく「日本橋」は架けられ、五街道の基点となりました。以来、変わらない交通の基点として、そして「東京証券取引所」が近在する金融街として、首都・東京のみならず、日本の中心ともいえる役割を果たしてきました。戦災後の区画整理を経て今なお、「日本橋」の名を地番に関するのは、ごくわずか。その中でも日本橋茅場町は、オフィス街の中に、変わらないあたたかさと潤いをたたえながら、今なお往時の歴史を物語っています。

都心と下町の接点に位置する街

日本橋茅場町は「東京証券取引所」が近在する街として、「東京証券会館」はじめ数多くの証券会社が建ち並ぶオフィス街。 もともと、日本橋川上流の鎧橋から下流の霊岸橋までの川岸は「茅場河岸」と呼ばれており、古くは茅職人がいて町名の由来ともなったように、 日本橋川と共に発展してきた、潤いと風情ある景色の街でもあります。 「東京」駅の東部にあたる、都心部と下町をつなぐエリアだからこそ、先進の気風と、情緒豊かな街並みがほどよく融合し、江戸から続く歴史性を今なお色濃く感じさせる環境を形成しています。

新亀島橋周辺

情緒と洗練を、共に感じられる都心。

日本橋茅場町は、その歴史にふさわしい豊かな奥行を持つ街でもあります。 オフィス街であるだけではなく、自然も、洗練も。住んではじめてお気づきになるような魅力をご案内します。

  • 都心の中で、見つけた潤い
  • オフィス街で出逢う、洗練。