ページ内移動用のリンクです




美しい街を住む

喧噪から離れた落ち着きが暮らしを豊かにする「世田谷」の審美が凝縮された街。Vol.6 世田谷中町

住まう人が落ち着いた時の流れの中で暮らすことができる、BRANZの住まい。
その周辺に広がる街も、同じような時間の流れ方をする場所であるなら、
その家とその街で過ごす人生は、より豊かなものになっていくでしょう。

「世田谷」の中の「中町」。

玉川

2015年4月に最新型ショッピングセンター「二子玉川ライズ」がオープンした二子玉川。国民的アニメ「サザエさん」で知られる桜新町。希少な自然が訪れる人を癒す等々力。アスリートはもちろん、多くの人々に癒しの場を提供する駒沢。
「世田谷」というアドレスの中には東京はもとより、全国的に知られる街が数多く点在しています。

昭和初期、そんな世田谷の中心にある街として生まれたのが、「中町」のはじまりでした。

もともとは江戸の昔に開墾された耕作地であった場所。それが日本の近代化に伴い、住宅地としての歴史を歩みはじめます。そして昭和初期に「仲町」と名付けられると、昭和44年に「中町」へと改称。世田谷の中心に位置する閑静な住宅街として、多くの人々に愛される街になっていったのです。

桜新町/等々力/駒沢

「本物の自然」と触れ合える街。

23区の中でも緑が多いエリアとして知られる「世田谷」。その中にあっても「中町」の自然の豊かさは際立っています。

山梨と埼玉の県境を源流とし、東京・神奈川を経て東京湾に流れ注ぐ、多摩川がもたらす潤い。23区内唯一の渓谷であり、春の桜、夏の新緑、秋の紅葉と四季折々の表情が楽しめる等々力渓谷の静謐。

本物の自然を身近に感じることは、日々の暮らしをより洗練されたものへと昇華させてくれることでしょう。

また五島美術館や村井正誠記念美術館など、文化・芸術への高い関心と理解があるのも「中町」の特徴といえるかもしれません。国宝「源氏物語絵巻」など貴重な収蔵作品を、散策の途中に楽しむことができるのです。

豊かな自然と心癒すアート。「中町」なら、芳醇な人生を過ごすことができそうです。

※毎年春に1週間程度公開。
等々力渓谷/等々力不動尊/五島美術館/多摩川
ブランズシティ世田谷中町