MAJES TOWER ROPPONGI

DESIGN

つねに特別な華やぎに満ちている六本木で
永きにわたり変わることなく、
静謐と穏やかな時に護られてきたアドレス「六本木七丁目」。
この地に出逢い目指したのは、綺羅びやかなだけではない、
六本木を深化させるレジデンス。
その根底に息づくのは、
最先端の都市だからこそ大切にした
日本伝統の“もてなし”の心。

眺望と麗景が織りなす「六本木七丁目」という地の価値を際立たせるために。目指したのは、綺羅びやかなだけではない、六本木を深化させるレジデンス。美術館を思わせるアーティスティックな空間をはじめ、厳選したマテリアル、しつらえや照明の演出に至るまで、洗練を研ぎ澄ましたZENの美意識と日本伝統の“もてなし”の心が息づいています。

フォワードスタイル株式会社
代表取締役社長 総合プロデュース

南部 昌亮

住空間の心地良さとは、デザインの美しさと品質、機能性の調和と考えるフォワードスタイル。住まう人の視点やライフシーンから発想したインテリアデザインの提案により、数々の都市型住空間を創造してきた、デザインプロフェッショナル・カンパニー。

●東急電鉄+東急不動産+三井不動産レジデンシャル+大成有楽不動産JV「クロスエアタワー」/主要共用部インテリア総合監修、全専有部仕様デザイン・3モデルルーム総合プロデュース

アプローチから始まる、
迎賓という時間と空間。

「マジェスタワー六本木」では、日本の伝統的な屋敷や一流の料亭などに見られる“間”をしつらえ、邸宅へのアプローチから“もてなし”で優しく誘います。また、木の風合いや天然石などマテリアルにもこだわり、樹齢300年超の風格あるオリーブをシンボルツリーとするなど、都市の華やぎとは一線を画する、優雅な別世界を醸成しました。

※掲載の写真は2015年10月に撮影したものです。また、周辺環境は将来変わる場合があります。