GOOD DESIGN AWARD ブランズ横濱馬車道レジデンシャル/ホテルエディット横濱

分譲マンションのグランドフロアをホテルのパブリックとして地域に開き、地域コミュニティーの核に

利便性の高い立において、1~4階をホテル「ホテルエディット横濱」、5~14階を分譲マンション「ブランズ横濱馬車道レジデンシャル」とし、全国でも稀なホテルと分譲マンションの複合施設をオープンした。

分譲マンションは入居者にコンシェルジュやルームサービスなどのホテルサービスを提供し、ホテルのラウンジやレストランを日常の延長上に取り込んだ一歩先の暮らしを愉しむことができるようにしており、一方、ホテルは地域に開かれた場づくりをコンセプトとし、入居者やホテルゲストのみならず、地域の方が日常における空き時間を豊かに過ごせるように、空間やサービスを提供するなど新しい宿泊特化型ホテルの可能性を提案している。

デザイナーの想い

外観デザインは地域に馴染むよう伝統継承を意識しつつ、ホテルと分譲マンションを一体のものとし、ホテルとしての重厚感やレストランの賑わいを分譲マンションまで繋げるように意図することで、入居者もホテルで生活しているような新鮮な感覚を持ち続けるように考えた。また、地域への開放性を高めるためホテルとレストランの入口を個別に設けると共に、グリーンショップを配置し、入りやすくなる演出を行った。

所在地 神奈川県横浜市中区住吉町6丁目78-1
神奈川県横浜市中区住吉町6丁目80-1
交通 みなとみらい線/馬車道 徒歩5分
京浜東北・根岸線/桜木町 徒歩6分
横浜市営地下鉄ブルーライン/桜木町駅 徒歩6分
構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上14階 地下1階
ホテル(1階~4階)、共同住宅(5階~14階)
総戸数 130戸
敷地面積 1,741.49m²
延床面積 15,8752.98m²
竣工 2015年2月
事業者 東急不動産株式会社、株式会社ワールドレジデンシャル

グッドデザイン賞 受賞対象ページはこちら
東急不動産(株)ニュースリリースはこちら

pagetop