この街に住む BEAUTIFUL TOWN

vol.3 自由が丘 憧れの街、自由が丘に寄り添うくらし

機能と美しさを備えたBRANZの住まい。もし、その周辺に広がる街も、同じように洗練された環境であったなら―。inとしての家と、outとしての街。その二つが融合すれば暮らしはもっと豊かなものになるでしょう。それを実現しているのが自由が丘。ここは、人々の憧れを1ヵ所に集めた、まさにゆめの街でした。

女性達の憧れが集まる街

女性達の憧れが集まる街

駅前から続く通りを折れて石畳に入ると、雰囲気のいいインテリアショップやカフェ、洋服屋さんが続いている―。歩けば歩くたび、新しい発見を与えてくれる自由が丘の街。東急東横線の特急を利用すれば、渋谷まで9分、横浜まで17分とアクセスが良いこともあり、タウン情報誌などによる「住みたい街ランキング」ではいつも上位に挙がります。

自由が丘の魅力は、たくさんのショップが適度な距離感で集まっていること。この街には駅前中央会、南口商店会など12の商店街があり、それらが協力して商店街振興組合を結成。いまでは会員1,300軒に迫る、国内最大級の商店街組織となっています。一軒一軒、個性を活かした店づくりに取り組んでいて、バラエティは非常に豊か。どこかセレブなイメージのある自由が丘ですが、実際は日常使いにぴったりな雑貨屋さんや昔ながらのパン屋さん、普段に着たい洋服屋さんなどがたくさんあり、そこで暮らす人々と自由が丘という街が一緒に呼吸している様子を感じさせます。自由が丘にあるのは、きちんと身の丈にあった、手の届くおしゃれ感。頑張り過ぎてもいないし、堅苦しくもない、「こういうモノがいつも身近にあったらいいな」という、女性の憧れが集まっている街なのです。

photo

自由が丘に“寄り添う”ということ

自由が丘に“寄り添う”ということ

自由が丘という地名は、昭和5年、教育者手塚岸衛によって「自由が丘学園」が創設されたことに由来します。その3年前に東京横浜電鉄(現在の東京急行電鉄)東横線が開通し、九品仏前駅を設置していましたが、昭和4年に目黒蒲田電鉄(現在の東京急行電鉄)二子玉川線(現在の大井町線)が開通し、九品仏の門前に駅が開設されることになり、これが九品仏前という駅名を名乗ることになったため、従来の駅を学園名に因んで自由が丘駅に改名。のち、「自由が丘駅」となりました。

map

もともと農村地帯であったこの街も、太平洋戦争後の復興で駅前広場が設置されると、たちまちのうちに商店数が増加。古くから自由が丘周辺には九品仏、奥沢、田園調布、等々力などの住宅街があり、そこに暮らす人々が、休日にショッピングを楽しむ街として定着しました。

この街で暮らす人はもちろん、足を伸ばして訪れてくれた人にも、自由が丘を楽しんでもらいたい。そんな想いをこめ、自由が丘振興組合は専門スタッフを配置してインフォメーションセンターを開設。探したいお店やセール情報まで教えてくれます。また、地元の女子大生らが自由が丘案内人「セザンジュ」を結成。日曜祝日のみ、街を巡回したり街案内をしたりするサービスを行っています。こうした取組みも、自由が丘という街が示すもてなしの心。だからこそ、人々は自由が丘という街を身近に感じ、ふらりと足を運びたくなるのでしょう。

photo

自由が丘ミセスの”憧れ”を
うかがいました

  • 森下さん
  • 林さん
  • 内海さん
  • 鈴木さん

ハイセンスな小物に憧れる人、体にやさしいフードやアイテムに憧れる人、趣き深いアンティークに憧れる人…。自由が丘を訪れる人の数だけ、この街にはさまざまな憧れが見つかります。自由が丘の街やその近辺で暮らし、この街をフィールドにしているミセス世代4名の方に、この街で見つける“憧れ”をうかがってみました。

森下もりした 道江みちえさん

ヨガ&ピラティスのインストラクター。現在は「カラダバランス調整サロン プラナガーデン 自由が丘」フロントスタッフとして勤務するミセス。

結婚を機に東京へ出てきた私にとって、自由が丘は「雑誌の中の場所」というイメージでした。実は、今の職場の面接で初めて自由が丘を訪れたのですが、この街で働きたい!と強く思ったのを覚えています。その高揚感も手伝ってか、面接ではとてもいい雰囲気で話が弾みました(笑)。サロンで働き始めて、自由が丘はキラキラとした顔だけでなく、古くからの商店街の温かみがあったり、環境や健康の意識が高いお店も多かったり、ここに通うだけで得られることがたくさんあります。お客様の健康をサポートする仕事に就いている者として、贈り物にも気を遣うのですが、困ることがないのがありがたいですね。ここに集まる方々も気持ちのよい方ばかりです。サロンのお客様は、ご近所の方が半数以上。いわゆる高級住宅地に住む方々なのですが、とても気さくでナチュラル。自由が丘の美味しい店情報を交換するなど、この街だからこその会話も楽しんでいます。

わたしの好きな通りグリーンストリート

好きな通りは、グリーンストリート。仕事が終わってちょっと一息ついたり、早めに着いた朝にゆっくりできるスポットです。

お気に入りの手みやげフェーヴ 自由が丘本店の「落花生×深煎りきなこ」

私自身、豆好きだということが大きな理由なのですが(笑)、このお店を知るまでは、なかなか豆のお菓子が手に入らなかったので、出合った時は衝撃でした。かわいいパッケージもオススメです。

住所/東京都目黒区自由が丘1-29-14 Jフロントビル1階
電話/03-6421-4825
営業時間/10:00-20:00
定休日/不定休

はやし 小百合さゆりさん

トータルビューティケアを提供するエステティシャン。サンセットアレイ通りのサロン「アンジェリークサロン 自由が丘」主宰。

自由が丘でサロンを始めて17年がたちます。この街を選んだ理由は"安心できる場所"だから。自由が丘では女性が多く働いているためか、他の街よりも、お店同士の助け合いを強く感じます。3年前、駅の南側からサンセットアレイ通りへサロンを移してからも、この通りでお店を営むみなさんの優しさをとても感じています。実際サロンではお友達の店舗の雑貨をディスプレイとして飾るなど、街のお付き合いを大切にしています。また、自由が丘はペットにとっても"安心できる場所"。商店街の路地で車の交通があまりないこと、ペット用品店やペット同伴可能なカフェがあることも自由が丘の魅力です。愛犬のアン君といっしょに街をお散歩していると、ペットを連れている方との交流が増え、気がつくとペット仲間のコミュニティができていたりするんです。

わたしの好きな通りサンセットアレイ通り

好きな通りは、サンセットアレイ通り。自由が丘ならここでサロンを開きたいと、ずっと憧れつづけた通りです。

お気に入りのお祝いアイテムatelier CADAの「アートフラワー」

友人や、お付き合いのあるお店へのお祝いにアートフラワーを選びます。シチュエーションに合わせて、それぞれ素敵なアレンジをしてもらえるところが魅力です。

住所/東京都世田谷区奥沢6-33-14 もみの木ビル1階
電話/03-6411-6642
営業時間/11:00-19:00
定休日/水曜休み

内海うつみ 裕子ひろこさん

二子玉川在住。フリーランスのWEBプロデューサーであり、睡眠改善インストラクターとして講演活動も多数。1児の母。

二子玉川に住む私にとって、自由が丘は東急田園都市線や東急大井町線を使ってすぐに出かけられる、楽しみな場所。ハイセンスなものが揃い、歩いているだけでもわくわくする自由が丘が近くにあることで、確実に暮らしの質があがっていると思います。自由が丘を歩いていると、古くから続いていると思われる、個性豊かなお店があったと思えば、日本ではここでしか味わえない珍しいスウィーツのお店にも出合う。次々に人気パティスリーやベーカリーができるのも魅力ですよね。子どもの付き合いもあり、贈り物や手みやげの機会も多いのですが、自由が丘に足を運べば、必ず「探していたもの」が見つかります。ちょっと煩わしいと思ってしまいがちなお付き合いも、贈り物を楽しく選べばお付き合いそのものも楽しくなる。自由が丘が近所にあるおかげで、心地よく暮らすことができています。

わたしの好きな通りマリクレール通り

好きな通りは、マリクレール通り。のんびりベンチに腰掛けてコーヒーを飲みながら、道行く人を眺めるだけで楽しい。春には街路樹の桜が満開となりとても綺麗です。

お気に入りのテイクアウト古町糀製造所の「糀ジェラート」

糀の自然な甘みをいかしたジェラート。大学時代から醗酵食を勉強し、その魅力にずっと取り付かれている醗酵マニアの私にとって、究極の一品です。

住所/東京都目黒区自由が丘2-9-6 Luz自由が丘1階
電話/03-5726-8373
営業時間/11:00-20:00(L.O.19:00)
定休日/元旦以外は原則年中無休

鈴木すずき ひと美ひとみさん

ネイリスト、グルーデコ講師でもあるミセス。講師2名によるきめ細やかなレッスン、スワロデコ教室「DECOR」主宰。

深沢の自宅から自由が丘の職場まで自転車で移動していると、自由が丘の街にふたつの表情を感じます。緑が多い閑静な住宅街、そして、駅前に近づくに連れて現れるショッピングストリート。自由が丘に移り住んで8年、私にとってこの街並みは生活の場として欠かせないものになっていますね。自由が丘でグルーデコ・スワロデコのお教室を開くと、これまで以上に街とのお付き合いが深まっていきました。お教室の生徒さんや、子どものお友達のお母さん、お仕事を通して仲良くなった商店街の方など、いつもみなさんにお世話になってばかり。そんなとき、ちょっとしたお礼をしようかなって思うんです。贈りもの選びに街をぶらぶらするのも楽しみで、街はずれの路地で今まで知らなかった新しいお店を見つけると、自分だけのお気に入りリストがまた増えた!って嬉しくなります(笑)

わたしの好きな通りカトレア通り

好きな通りは、カトレア通り。この緩やかな坂道を境に、住宅街からショッピングストリートへ移り変わるのが感じられます。

お気に入りのプレゼントBROCANTEの「アンティーク雑貨」

ここでしか手に入らないアンティークアクセサリーは素敵なものばかり。お教室の生徒さんへプレゼントとしても喜んでもらえます。緑に囲まれたお店の雰囲気もお気に入り。

住所/東京都目黒区自由が丘3-7-7
電話/03-3725-5584
営業時間/13:00-18:00
定休日/水曜休み、第1木曜休み

憧れを自分の部屋へ持ち帰る

ショップで自分好みのアイテムを見つけたとき、きっと誰もが思い浮かべるのは、それらを自宅で使ったり、食べたりする様子。「この食器にはどんな料理が似合うかな」とか、「この調味料はあの食材に合わせてみよう」とか、実際に使っている様子をイキイキと心に描く。自由が丘には、そんな想像をかきたててくれるショップがいっぱいあります。とりわけ、多く目につくのがフード関連のショップ。体にやさしい健康志向のオーガニック食品や有名パティシエのケーキ店、さらにはプロも通う食材店など、さまざまな関連ショップが並びます。もちろん、食関連以外のお店も充実。衣食住、すべてにおいてバランスよく揃っているのが自由が丘の魅力です。

街で見つける自分だけの“とっておき”は、人それぞれ。洋服を買いにきたつもりが、インテリアショップのショーウインドウに飾られていた輸入食器に一目惚れしてしまったり、ウインドウショッピングをしていたら、焼き立てのパンの香りにつられてお買い上げ、なんていうこともあるかもしれません。人と、ものとの出会いは一期一会。そうした縁が多く散りばめられているのも、この街にはいろいろな顔を持つ1,300ものショップがあるからこそ。自由が丘で出会った自分だけのとっておきを自宅へ持ち帰るという喜び。それは、とっておきに出会えたという幸せと、それを自宅で使ったり食べたり飾ったりできるという幸せの、二重の意味があるのです。

森下さんが通うお気に入りスポット
ピープル・ツリー 自由が丘店

自由が丘に店を構えて15年。フェアトレードショップの先駆け。「フェアトレードの取り組みにも共感できますが、何よりかわいくておいしいチョコレートは、手みやげとしてとても喜ばれます」と森下さん。チョコレートのほか、世界中の職人による手編みや手織りなど、きめ細やかな仕事と自然素材を活かした製品で人気。月に一度のワークショップや朝ヨガなどイベントも目白押しです。

ピープル・ツリー 自由が丘店

住所/東京都目黒区自由が丘3-7-2
電話/03-5701-3361
営業時間/11:00-20:00
定休日/年末年始を除き、年中無休

カラダバランス調整サロン プラナガーデン 自由が丘

加圧トレーニングや骨盤調整、ヨガなどのフィットネスプログラムを中心に、体質改善を促すエステメニューも提供する、パーソナルサービス専門の女性のためのサロン。託児スペースもあり、産後の体形戻しにも一助を担ってくれます。「一軒家の平屋を改装した店舗で、とてもあたたかみがあり、リラックスしてトレーニングできます。トレーニングルームの目の前に広がるお庭にも癒されます」。肩肘はらず、しかしながら本物を追求したい人に、人気のサロンです。

カラダバランス調整サロン プラナガーデン 自由が丘

住所/東京都世田谷区奥沢7-10-15
電話/03-5758-2155
営業時間/10:00-21:00(平日)
10:00-19:00(土日祝)定休日/不定休

林さんが通うお気に入りスポット
parms cafe 自由が丘

70〜80年代のカルフォルニアをイメージした懐かしくも、そして新しくもあるカフェ。エントランスからのカフェスペースは、ペット同伴で利用でき、昼間は明るくにぎやかな憩いの場として人気。「愛犬といっしょにティータイムを楽しめて、気がつけば他のお客さんと犬友達になっていることもありますよ(笑)」と林さん。人気のメニューはオムライス。真ん中で割って溶け出すとろとろ卵は、一食する価値ありの絶品です。

parms cafe 自由が丘

住所/東京都目黒区自由が丘1-29-17
持田ビル2階
電話/03-5731-3903
営業時間/11:30-24:00(L.O 23:30)
定休日/年中無休

ロアジス 自由が丘

"からだ""自然""こころ"をテーマとした商品やサービスを提供する、犬を中心としたペット専門店。ペットカフェ、スパ・トリミングのほか、世界各地からの選りすぐりやオリジナル商品をあつかうショップが人気です。「オーガニック食品を多く取り扱っているので、ペットにやさしいものを安心して購入することができるんです」また、愛犬といっしょに楽しむヨガやトレーニングなどのイベントも定期的に開催しています。

ロアジス 自由が丘

住所/東京都目黒区自由が丘2-8-2
ラ・ヴィータF棟
電話/03-6676-1100
営業時間/11:00-19:00(カフェL.O. 18:00 Close 18:30)
定休日/水曜休み

内海さんが通うお気に入りスポット
トレインチ

大井町線車両基地の跡地に建設された Trainchi。木を活かしたナチュラルな外観や車両基地の跡を残した入り口など、この土地ならではの演出が施されているショッピングモール。「ウインドウショッピングだけでも楽しいお店がいっぱいなんです。特にブランジェ浅野屋は、自由が丘に訪れると必ず立ち寄るお気に入りです」施設内には、「手に届く上質」をコンセプトに13のショップが揃います。

トレインチ

住所/東京都目黒区自由が丘2-13-1 及び東京都世田谷区奥沢5-42-3
電話/03-3477-0109(東急お客さまセンター)
営業時間、定休日は店舗により異なる

D&DEPARTMENT TOKYO

「自由が丘からお散歩がてら足を伸ばして九品仏まで行く時に必ず立ち寄るお店です」と内海さん。ロングライフデザインの家具、生活雑貨、書籍やCDなどが、雑然と並びながらも統一された空気感を漂わせます。「長く愛されているプロダクトは、見ているだけで、わくわくしますね。このお店で過ごす時間は私にとって贅沢タイムです」併設のカフェのメニューもこだわりたっぷりです。

D&DEPARTMENT TOKYO

住所/東京都世田谷区奥沢8-3-2
電話/03-5752-0120
営業時間/12:00-20:00(ショップ)
月〜木・日・祝11:30-23:00 
金・土 11:30〜24:00(ダイニング)
定休日/水曜休み

鈴木さんが通うお気に入りスポット
NEW ZEA+J

ニュージーランドの素材からつくられたコスメ用品、オリーブオイル、ハチミツなどを取り扱うスキンケアショップ。「オーガニックのオリーブオイルは健康食材なので、家族はもちろんお友達へも安心して贈ることができます」と鈴木さん。店内では商品のお試しサービスが行われ、また、商品の原料メーカーから専門家を招き、スキンケア方法のレクチャーイベントなども定期的に開催しています。

NEW ZEA+J

住所/東京都目黒区自由が丘1-25-2
電話/03-6421-4782
営業時間/11:00-19:00
定休日/水曜休み

ドライフルーツ a la carte

自由が丘のランドマーク・自由が丘デパートにある、果物本来の味にこだわったドライフルーツ専門店。国産・海外産を合わせて常時数十種類のドライフルーツを取り揃えています。「みかんやりんごなど国産の果物が豊富で、こんなものまでドライフルーツになるんだ!と驚きます(笑)」お菓子や料理の材料として幅広く使えるドライフルーツは贈り物にも最適。ここでしか出逢えないおいしさを探してみては。

ドライフルーツ a la carte

住所/東京都目黒区自由が丘1-28-8
自由が丘デパート1階
電話/03-5726-8773
営業時間/10:00-20:00
定休日/水曜休み

夜の街にも、憧れがいっぱい

クリスマスやお正月が続く冬のホリデーシーズンは、一年でもっとも自由が丘の街がきらきらと輝くとき。各ショップは照明やツリー、オーナメントなどを使って、思い思いにデコレート。温かみのあるオレンジのライトが漏れる店先では、軽やかな音楽が響いていたり…。街を歩いているだけでも華やかな気分になれるでしょう。

自由が丘の街のイメージ

ツリーやリースなどを窓際に飾り、道ゆく人にも幸せのお裾分けを

自由が丘の街のイメージ

店先のツリーに足取りも軽くなりそう

自由が丘の街のイメージ

自由が丘の街が夜の闇を明るく照らす

※このホームページに掲載中の情報は、2013年11月28日現在のものです。

pagetoppagetop