この街に住む

vol.1 二子玉川 人が集い、街が育つ。二子玉川、新たなステージへ。

かつての行楽地が、日本を代表する商業地へ―。時代の流れとともに変化を遂げた二子玉川の街。やがて、その商業化の波は2011(平成23)年、二子玉川ライズの登場により、さらなる飛躍を迎えます。二子玉川の駅に直結する「二子玉川ライズ」は、総開発面積が約11.2ha。民間の再開発としては都内最大のスケールを誇り、複数のショッピング施設が連なった壮大なモールと高層の分譲マンション「二子玉川ライズ タワーレジデンス」により構成されます。しかし、これだけの高層ビル群でありながら、人工的な冷たさを感じさせず、むしろ、周囲の自然に溶け込むような景観を生み出しているのは、緻密な都市計画の成せる技。玉川のきらめきはそのままに、街はまた新しい歴史の一ページを刻み始めたのです。

高級ブランドショップやおしゃれなカフェが建ち並ぶストリートもあれば、花火が打ち上る河川敷もある。ジョギングやウォーキングに最適な遊歩道もあれば、子どもたちの笑顔がはじける住宅地もある。街が生まれ変われば、そこに集うひとたちの顔ぶれも変わるもの。そんな多彩な魅力を花開かせている二子玉川の街は、いま、まさに新たなステージを迎えています。

4人のふたこミセスが、街の魅力をご紹介します。

“暮らす街”、“遊ぶ街”、“育てる街”、“ショッピングの街”など、いろいろな顔を持つ二子玉川。
このエリアをホームタウンとし、自在につかいこなす”ふたこミセス”の方達に、
街の魅力をとことん語っていただきました。

  • 杉原麻由さん

    ライズのマンションが完成したのと同時に転居、暮らし始めて2年半。現在、3歳と1歳の子どものママ。

  • 宮田裕香さん

    現在、上野毛在住、4歳になる子どものママ。二子玉川は子どもの習い事やショッピングで頻繁に訪れる。

  • 森田雅美さん

    二子玉川駅近くで暮らして2年。平日はフルタイム勤務、週末はジョギングやヨガと活発なワークミセス。

  • 風岡彩さん

    玉堤在住。2歳8ヵ月の子どものママ。以前は尾山台に住んでいたこともあり、二子玉川利用歴は長い。

ふたこミセスの願いを叶えるとっておきの場所

ふたこミセスの集合写真

子育て真っ最中の専業ママやフルタイムで働くアクティブなワークミセス。
さまざまなライフスタイルを満喫する“ふたこミセス”の方々に、お気に入りのスポットを紹介していただきました。
癒される都会のオアシスや秘密にしたいカフェなど、そんな、素敵なスポットがこの街にはそろっています。

宮田さん

宮田さんのお気に入り
Allo ブーランジェリー・カフェ・ビストロ

ヨーロッパのカフェを思わせるおしゃれな外観が素敵で、ママ友達とのランチでよく利用しています。一番好きなメニューはグラタン。ベーカリーのパンもおいしく、特にバゲットやブルーチーズの入ったパンは帰りがけに必ずテイクアウトするほどお気に入りです。晴れた日にはテラス席でのんびり寛ぐのもおすすめ。

DATA

住所/世田谷区玉川1-15-6 ライズプラザモール201
電話/03-3707-5201
営業時間/ランチタイム 11:30〜14:30(平日)、11:30〜15:00(土日)
カフェタイム 14:30〜18:00(平日)、15:00〜18:00(土日)
ディナータイム 18:00定休日/なし(ただし、火曜日のディナーとパンの販売は休み)

Allo ブーランジェリー・カフェ・ビストロ
杉原さん

杉原さんのお気に入り
東急フードショー

食料品はライズにある東急フードショーで購入することが多いですね。成城石井などのグルメスーパーも入っているし、デリやベーカリーも充実しているし、1ヵ所で何でも揃うのでとても便利です。特に利用しているのは、『オイシックス』。子どもの離乳食を作るとき食の安全性を考え、材料にもこだわるようにしています。

DATA

住所/世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンターB1
電話番号/03-6805-7111(代表)
営業時間/10:00〜21:00  定休日/不定休

東急フードショー
風岡さん

風岡さんのお気に入り
玉川島屋S・Cの屋上庭園「フォレストガーデン」

髙島屋内のレストランでママ友とランチした後、屋上庭園でお茶をするのがお決まりのコースです。子ども達は屋上にあるモニュメントで遊んだり、庭園内を自由に走ったりしていて、その間、ママ達はゆっくりお茶。屋上はとても広々としていて、交通事故の心配もないので、安心して子どもを遊ばせられるのがいいですね。

DATA

住所/世田谷区玉川3-17-1  
電話番号/03-3709-3111
営業時間/10:00〜21:00  
アトリウムダイニングは23:00まで
ガーデンアイランドは20:00まで

定休日/1月1 日

玉川髙島屋S・Cの屋上庭園「フォレストガーデン」
宮田さん

宮田さんのお気に入り
砧公園

休日に夫とジョギングに出かけます。家から走って出かけ、砧公園をぐるっとまわって帰宅するのが定番。特にお気に入りは桜のシーズンのジョギングで、砧公園は、実はソメイヨシノやヤマザクラなど桜の名所でもあるんです。でも、他の場所に比べて穴場なのか、花見のシーズンでも比較的空いているんですよ。

DATA

住所/世田谷区砧公園・大蔵1丁目・岡本1丁目
電話番号/03-3700-0414(砧公園サービスセンター)
営業時間/24時間営業  定休日/なし

砧公園

4人のミセスが選ぶ二子玉川ベストスポット10

  • 1. 二子玉川ライズ

    2011年に誕生した、二子玉川駅を中心とする複合都市。二子玉川ライズショッピングセンターや二子玉川ライズドッグウッドプラザなどの商業施設のほか、約1,000世帯のマンションも5棟並び、多くの人と情報が集まる、“暮らし、働き、集う街”が誕生。

    二子玉川ライズ
  • 2. 玉川髙島屋S・C

    1969年、日本初の郊外型ショッピングセンターとして誕生。二子玉川駅とも直結しており、開業から間もなく45年を迎えようとしている今でも二子玉川のシンボルとして毎日、多くの買い物客を集めている。現在、玉川髙島屋のほか約340の専門店が入店。

    玉川髙島屋S・C
  • 3. 多摩川

    二子玉川駅のすぐそばを流れる一級河川。東京都と神奈川県の県境の役割も果たし、二子玉川駅のお隣、二子新地駅は神奈川県川崎市。川辺では野草や野鳥も数多く見られ、多摩川を挟んだ両岸で行われる世田谷たまがわ花火大会は夏の風物詩。

    多摩川<
  • 4. 柳小路

    高島屋S・C裏手、柳並木や石畳など風情溢れる小径にレストランやショップが立ち並ぶ。古くから、多摩川での川遊びのための旅館や料亭、置屋が立ち並んでいた二子玉川エリアの土地の記憶を感じることができ、つい足を止めたくなる。

    柳小路
  • 5. 東急フードショー

    二子玉川ライズ・ショッピングセンターB1にある食品館。「『食べる』が、もっと楽しくなる。My Food Show」をコンセプトに、「食紀行」、「和洋菓子」、「惣菜」、「ザ・グルメパントリー」の4つのゾーンを展開。百貨店では初出店となる店舗も多数。

    東急フードショー
  • 6. 二子玉川商店街

    どこか懐かしい昔ながらの店舗もあれば、新しい感性が息づくおしゃれなショップも楽しめる地元密着型商店街。

  • 7. 二子ノミの市

    2ヵ月に1度、カフェ『リゼッタ』の前で開催。古道具や雑貨、懐かしいおしゃれなモノが並びます。

  • 8. Allo
    ブーランジェリー・カフェ・ビストロ

    ヨーロッパの街角にあるような開放的なカフェ・ビストロ。心温まるサービスでお子様連れのママにも人気。

  • 9. 行善寺

    1560年頃に開基。かつては寺の境内からは多摩川の眺望が開け、行善寺八景ともうたわれた。

  • 10. CHICHI CAFE

    多摩川沿いにあり、眺望が抜群のカフェ。特に、平日のランチタイムは地元のマダムの憩いの場。

わたし達がこの街で暮らす理由

子育て、ショッピング、ワーク環境…。
日常をとりまくさまざまなシーンについて、この街を愛するミセスたちにとことん、語っていただきました。

二子玉川の街を評価していただきました

  • 杉原麻由さん

    マンションの警備もしっかり。街の環境もよく、子育て中でも安心です。

  • 宮田裕香さん

    街に子育て世代が多くてうれしい。いざというとき、心強いですね。

  • 森田雅美さん

    飲食店の閉店時間が早いためか、街全体の治安がいいような気がします。

  • 風岡彩さん

    ここは子どもにやさしい街。キッズメニューのある飲食店も多いんです。

「都心へのアクセスがとても便利。
警察官のパトロールで夜遅くても安心」

森田さん「駅から徒歩約5分のマンションに住んで2年目です。私は都内へ通勤し、フルタイムで働いているので、都心へのアクセスがスムーズということもあって、この街を選びました」

宮田さん「都心へのアクセスってとても大事ですよね。私は今、子育て真っ最中なので仕事をお休みしているんですが、夫は通勤の際にラッシュを避け、朝は大井町線、帰りは田園都市線と使い分けているみたいです」

杉原さん「車を使うにも、二子玉川は便利ですよね。子どもが都心で習い事をしているので、私は車で送り迎えをしているんですが、渋滞のひどい国道246号を避けて目黒通りや駒沢通りを使うなど、時間帯に応じてルートを使い分けるようにしています」

風岡さん「駅前に大きなバスターミナルがあるのも便利。自宅の玉堤からバスで1本、実家の長津田へは田園都市線1本で行けるのでとても助かっています」

森田さん「それから、夜遅く帰宅しても、警察官が街を巡回しているから安心っていうこともうれしいな。私は仕事で帰りが遅くなることがあるんですが、自転車で街をまわっている警察官とお会いすると、『お気をつけて』って声をかけてくれるんですよ」

風岡さん「いつも守られているって大きな安心感ですよね。子どもが大きくなって、塾などに通うようになったら、特にそう思うだろうな」

「子どものお稽古事も充実。
ママ同士のつながりもたくさんできました」

風岡さん「子どもがリトミックを習っているんですが、この街って子どもを対象にしたお稽古事のクラスが充実していますよね」

宮田さん 「そうそう。うちの子どももスポーツクラブでプールと体操を習っています。とても楽しいみたいで、いつの間にかプールは週2回、体操は週1回のハイペースになってしまいました(笑) でも、そういう場所でママ同士のつながりもできるし、子どもも幼稚園に入る前からお友だちがたくさんできていたので、入園後もスムーズに打ち解けることができたみたい」

森田さん「私はまだ子どもがいないんですけど、この街って子育てにはとてもいい環境だなって思います。公園も緑も多いし、環境が抜群ですよね」

「お花見したり、川沿いを歩いたり・・・。
四季を身近に楽しめる環境です」

宮田さん「最近、友だちと多摩川沿いのランニングを始めたんですよ。平日の昼間に5kmほど走って、終わったらみんなでランチ!」

杉原さん「私もよく多摩川の河川敷に出かけます。子どもがストライダーで走り、私がそのあとをジョギングで追いかけるという…いいダイエットになっています(笑)」

風岡さん 「私は、東京都市大近くの多摩川沿いの桜並木が好き。お花見のシーズンはよく、子どもを連れて散歩がてら出かけるんです。四季を身近に楽しめる環境っていいですよね」

森田さん「それと、このあたり、犬を飼っている人も多いですよね。河川敷は犬の散歩にちょうどいいし、都心に近いのに自然と触れ合える場所がたくさんあるってとてもいいなって思います」

「子どもにやさしい街づくり。
だから、ママも子どもも笑顔になれる」

Photo/Jun Toyosaki Text/Hiroko Suzuki
edit/Sayaka Ishigaki

杉原さん 「この街の魅力って、自然と都市のバランスがいいところじゃないかな。わざわざ都心まで出なくても、ほとんどの買い物がこの街で済ませられるのもうれしいですよね。私はライズのマンションに住んでいるんですが、普段の食料品とか日用品はライズで、お使いものや洋服は髙島屋で、というように、なんとなく使い分けができてきました」

風岡さん「ライズができて、小さい子どもを連れたお母さんの姿が増えましたよね。ショッピングセンター内におむつ替えや授乳スペースが増えたおかげのような気がします」

杉原さん 「ライズは、『子どもにやさしい』がコンセプトになっているらしく、ベビーカーも通りやすいように歩道がしっかりしていたり、車道と歩道が完全に分離していたり、とても細かいところまで配慮されているなって感じます。街のなかに素敵なお店がたくさんあるっていうことももちろん大切だけど、街そのものがママと子どもの快適さに細かく配慮しているからこそ、多くのママ達がこの街を支持して、集まってくるんでしょうね」

宮田さん「私もそう思います。街に子育て世代が多いって、とてもうれしいですよね。知り合う機会がたくさんあれば、困ったことがあっても相談できるし…」

森田さん「結局、“住む”っていうことを考えると、便利さだけじゃなくて快適さも大切ってことなんですよね。子どもは子どもの、大人は大人の快適さが得られる街ってありそうでなかなかない。だからこそ、二子玉川は誰もが自分らしく生活できる街として人気なんだろうなって思います」

※このホームページに掲載中の情報は、2013年5月30日現在のものです。

pagetoppagetop