美しい街を住む BEAUTIFUL TOWN

vol.1 二子玉川 人が集い、街が育つ。二子玉川、新たなステージへ。

かつての行楽地が、日本を代表する商業地へ―。時代の流れとともに変化を遂げた二子玉川の街。やがて、その商業化の波は2011(平成23)年、二子玉川ライズの登場により、さらなる飛躍を迎えます。二子玉川の駅に直結する「二子玉川ライズ」は、総開発面積が約11.2ha。民間の再開発としては都内最大のスケールを誇り、複数のショッピング施設が連なった壮大なモールと高層の分譲マンション「二子玉川ライズ タワーレジデンス」により構成されます。しかし、これだけの高層ビル群でありながら、人工的な冷たさを感じさせず、むしろ、周囲の自然に溶け込むような景観を生み出しているのは、緻密な都市計画の成せる技。玉川のきらめきはそのままに、街はまた新しい歴史の一ページを刻み始めたのです。

高級ブランドショップやおしゃれなカフェが建ち並ぶストリートもあれば、花火が打ち上る河川敷もある。ジョギングやウォーキングに最適な遊歩道もあれば、子どもたちの笑顔がはじける住宅地もある。街が生まれ変われば、そこに集うひとたちの顔ぶれも変わるもの。そんな多彩な魅力を花開かせている二子玉川の街は、いま、まさに新たなステージを迎えています。

4人のふたこミセスが、街の魅力をご紹介します。

“暮らす街”、“遊ぶ街”、“育てる街”、“ショッピングの街”など、いろいろな顔を持つ二子玉川。
このエリアをホームタウンとし、自在につかいこなす”ふたこミセス”の方達に、
街の魅力をとことん語っていただきました。

  • 杉原麻由さん

    ライズのマンションが完成したのと同時に転居、暮らし始めて2年半。現在、3歳と1歳の子どものママ。

  • 宮田裕香さん

    現在、上野毛在住、4歳になる子どものママ。二子玉川は子どもの習い事やショッピングで頻繁に訪れる。

  • 森田雅美さん

    二子玉川駅近くで暮らして2年。平日はフルタイム勤務、週末はジョギングやヨガと活発なワークミセス。

  • 風岡彩さん

    玉堤在住。2歳8ヵ月の子どものママ。以前は尾山台に住んでいたこともあり、二子玉川利用歴は長い。

※このホームページに掲載中の情報は、2013年5月30日現在のものです。

pagetoppagetop