コンセプト

芦屋INNOVATE 芦屋の暮らしを革新する、上質と洗練の邸宅。

水と緑の豊潤な自然に包まれ、見る者を魅了してやまない美しい景観。かつて花開いた「阪神間モダニズム」の薫りが今なお息づく、瀟洒な街並み。それらは、すべて、芦屋が邸宅地として正統の時を刻んできた証です。そんな街において、上質な歴史を記憶しながら、充実した都市機能も享受できる場所こそ、打出小槌町。由緒ある地ならではの風情だけでなく、都市の進取の気風までも、思うまま愉しむ日常。芦屋の暮らしを革新する、誇らしき邸宅「ブランズ芦屋打出小槌」が今、誕生の時を迎えます。

水と緑の豊潤な自然に包まれ、見る者を魅了してやまない美しい景観。
かつて花開いた「阪神間モダニズム」の薫りが今なお息づく、瀟洒な街並み。
それらは、すべて、芦屋が邸宅地として正統の時を刻んできた証です。
そんな街において、上質な歴史を記憶しながら、充実した都市機能も享受できる場所こそ、打出小槌町。
由緒ある地ならではの風情だけでなく、都市の進取の気風までも、思うまま愉しむ日常。
芦屋の暮らしを革新する、誇らしき邸宅「ブランズ芦屋打出小槌」が今、誕生の時を迎えます。

「打出小槌町」に住まう誇り。THE ORIGIN

所傳云、長者一の寶槌を以て、萬寶の第一とす。
是則、世云打出小槌也。此槌を打て、隨所願。地名も亦因茲。

これは、江戸時代に編纂された摂津国の地誌「摂陽群談」に記された一文。
かつて、打出の地に住んでいた長者が持っていた小槌は、
打ち振るとどのような願いも叶えられる宝物であったと伝えられています。
「打出小槌町」という美しく印象的な街の名は、この伝説が由来。
昭和中期、打出小槌町のほか翠ヶ丘町など10町に「打出」の名が冠されていたものの、
昭和43年の住居表示制度の実施に伴い、「打出」が外されることに。
しかし、打出小槌町だけは「めでたく縁起の良い町名を残したい」と、
この名を愛する地元の方々の希望により存続することとなりました。
歴史と由緒あるこの町に住まうと、日々誇らしさに満たされていきます。

打出小槌イメージ