新線・新駅開業 駅前再開発

現地周辺航空写真

直結力を誇る東急東横線。新線開業でさらに高まる期待。

渋谷と横浜、2つのビッグタウンを結ぶ東急東横線の急行停車駅「綱島」。渋谷から東京メトロ副都心線、西武有楽町線・池袋線、東武東上線へ、横浜からみなとみらい線へ乗り入れ、広範なエリアへの直結力を誇っています。さらに相鉄・東急直通線「新綱島」駅(仮称)※1が開業すれば、東海道新幹線の停車駅「新横浜」へ1駅となり、アクセス力も街のポテンシャルも、いちだんと高まることが期待されています。

眼前で繰り広げられる新たなまちづくり。綱島は、新しく生まれ変わる。

開業が待たれる「新綱島」駅(仮称)※1の周辺では、新たなまちづくりが進行中。駅前に相応しい都市基盤や業務・商業・文化施設等の整備が計画されるなど、この街に、新しい駅前の風景が生まれようとしています。そこに現れる快適で安全な都市空間と洗練された都市機能が、「ブランズ綱島」から始まる新しい暮らしに寄り添います。

現地周辺航空写真現地周辺航空写真(俯瞰)

A地区

新駅周辺の都市基盤を整備し、新駅と隣接する利便性を生かした駅前にふさわしい土地利用を図る。

B地区

二つの駅に挟まれた高いアクセス性を踏まえ、利便性とにぎわいを考慮した商業や業務、都市型住宅等の整備や地域の文化・芸術活動の拠点となる区民文化センターを整備し、敷地内の積極的な緑化を図る。

C地区

駅前としての利便性を考慮し、周辺環境に調和した都市型住宅等の立地を図る。

D地区

建替えや都市機能の更新と、駅前にふさわしい商業・業務・都市型住宅等の機能集積を図り、安全な歩行者空間の確保を推進する。また、綱島駅東口周辺のバス、タクシー等の乗降機能の充実を図り、利用者の利便性と安全性の向上に努める。

E地区

周辺の土地利用と調和した、歴史的資産や緑地、農地等を適切に配置する。

※2

アクセスを一段と強化する、
相鉄・東急直通線「新綱島」駅(仮称)。※1

相鉄線と東急線の相互直通運転を可能にする、新たな連絡線として建設が進められている「相鉄・東急直通線」。そのひとつの駅として新設されるのが「新綱島」駅(仮称)です。開業後は「新横浜」駅(仮称) へ1駅で直結し、東海道新幹線を使った旅行や出張などが一層手軽になります。