BRANZ ブランズ塚口町一丁目

公式サイト

資料請求



外観完成予想図

【Story 01】阪急神戸線「塚口」駅へ徒歩2分の便利さがアクティブな生活にぴったりです。

神戸線と伊丹線の利用が可能な阪急電鉄「塚口」駅まで徒歩2分、約130mの地に誕生する「ブランズ塚口町一丁目」は、都心で働く方々には特に喜んでいただけるのではないでしょうか。「梅田」駅へは通勤特急を利用すれば約10ある梅田は交通に便利な上、北ヤードを中心に様々な商業施設の開発が進むなど、さらに魅力的な街に変容しています。また、神戸・宝塚方面へのターミナルである「西宮北口」駅へも、通勤特急で4分と大変便利です。

 阪急電鉄神戸本線「塚口」駅から便利なアクセス

「梅田」駅 10分※通勤特急利用

「西宮北口」駅 4分※通勤特急利用

「神戸三宮」駅 19分※「西宮北口」駅で特急に乗り換え

外観完成予想図

【Story 02】生活する人のステータスとなりうる住環境をカタチにしました。

全邸角住戸である当物件は、縦ラインを強調した、伸びやかな上昇感・垂直感を感じさせるシャープな外観を中心に、ブランズシリーズの中でもハレベルな仕様を採用することで、グレードの高い生活をご提案しています。エントランスでは、建物との統一感を出すために、外壁基壇部と同じ素材を使用しつつ、曲線的フォルムを採用するなど、デザインを通してインパクトを演出。また、ラウンジスペースには、海外の有名ブランド家具を採用するなど、生活する人の上質な暮らしを演出する仕掛けを要所要所に散りばめたことで、皆様のステータスとなりうる邸宅にすることができました。

『土地会社要覧』(大五商店、大正10年発行)より 出典:尼崎市立地域研究史料館・WEB版 図説尼崎の歴史

【Story 03】歴史的価値の高い「塚口町一丁目」。

「塚口町一丁目」は、阪急神戸線のブランドを築く上で、歴史的にも文化的にも重要な地域でした。1900年代から1930年代にかけて近代的な芸術・文化・生活様式として広がった「阪神間モダニズム」を体現する街として、1919年、並木道の美しいモダンな住宅地「塚口住宅」が誕生しました。その翌年には阪急電鉄の神戸線と伊丹線が開業し、塚口は沿線では尼崎市唯一の駅として、大阪に通勤する会社員とその家族が暮らす、阪急沿線の住宅開発の先駆けとなる地に発展していきました。

【最後にひとこと】都心へのアクセスや豊かな住環境などが揃う「ブランズ塚口町一丁目」は、ファミリーからシニア、単身者まで様々な世代の方に喜んでいただける物件だと自負しております。ぜひ、一度マンションギャラリーにお越しいただき、ご検討ください。


※1 掲載の外観・エントランスホール完成予想図は、設計図を基に描いたもので、施工上の都合、行政官庁の指導等により、設計変更になる場合がございます。なお、外観形状の細部、設備機器、周辺の建物・電柱・電線は省略、または簡略化しております。植栽は計画段階のものであり、変更になる場合があります。また、特定の季節、時期、またはご入居時を想定して描かれたものではありません。葉や花の色合い、枝ぶりや樹形は想定であり、竣工時は完成予想図程度には成長していない場合があります。予めご了承ください。

【お問い合わせ】「ブランズ塚口町一丁目」マンションギャラリー(フリーコール)0120-109-051|営業時間:10:00~18:00定休日:毎週水曜日・木曜日(祝日を除く)

【東急不動産】Copyright(c)2017 TOKYU LAND CORPORATION All rights reserved