TENNOJI1Style

外観完成予想図

DESIGN

解放感と利便を享受。
いっそう快適な日常の始まり。

都心部では得難い三方道路の一角。そこに手軽に買い物できるスーパーライフが隣接するとともに、緑に覆われた潤い豊かな植栽計画を施します。建物は104邸すべての住まいが明るい南向きの開放感。2LDK~4LDKまで豊富な間取りプランをご用意し、多彩な都市生活者のライフスタイルにお応えします。

MATERIAL

洗練されたアーバンデザイン。
素材感にこだわったタイル、石、ガラスの採用。

ARCHITECT

株式会社IAO竹田設計
大阪第二事務所 所長 山口 隆幸

1976年設立、集合住宅、商業施設やオフィスなど業績多数。環境や人にやさしく、独創性に富む作品作りで、社会・文化の発展に寄与することを理念としている。

TENNOJI1Style

1976年設立、集合住宅、商業施設やオフィスなど業績多数。環境や人にやさしく、独創性に富む作品作りで、社会・文化の発展に寄与することを理念としている。

エントランスアプローチ完成予想図
エントランスアプローチ完成予想図

ENTRANCE HALL & LOBBY

季節の移り変わりを記憶する、
「エントランスホール」「ロビー」。

緑感豊かなシンボルツリーに目を奪われ、エントランスアプローチを抜ける。建物内に歩を進めると、まず最初にゆったりと広がる前室(風除室)が広がります。すっきりとした空間構成が、帰宅した際のONからOFFへ、心地よい切り替えを可能に。そして、壁面にタイルをあしらったエントランスホールへ。その奥は、まるで絵画のようなスクリーンウインドウを設えたロビーの佇まい。木漏れ日の中庭「言の葉テラス」を眺めながら、けっして主張しないまでも確かな存在感が漂う「カンディハウス」の木製ソファを配置して、いつまでも此処に居たくなるような特別な空間を演出します。

ロビー完成予想図
ロビー完成予想図

FURNITURE

長く愛されるものをつくる。
それが、つくるということ。
カンディハウス。

良質な木材を選び抜き、堅牢な構造に知恵を絞る。厳しい北海道の大自然が培った“日本性”の本物家具、それが「カンディハウス」です。常に新しいデザインを求め、国内・海外の著名デザイナーを積極的に起用し、素材の使い方とミニマムで洗練されたデザイン、緻密なつくりで、ニッポンのものづくりを世界に発信しています。