多角的なセキュリティで都市邸宅の安心を強化。

共用部のセキュリティ

24時間365日有人管理・機械による遠隔監視システム

日中は管理員、夜間はコンシェルジュと警備員が交代で常駐する24時間有人管理を実施。敷地内を適時巡回し、異常や不審者の侵入時には迅速に対応します。また、各種センサーがALSOK(綜合警備保障)ガードセンターにつながったオンラインセキュリティを採用。万一の際は、ALSOKガードセンター及び東急コミュニティーに自動通報され、安全のプロが迅速に対応する24時間・365日体制のセキュリティシステムです。
※年末年始は、警備員が24時間常駐します。

24時間有人管理体制シフト例
セキュリティシステム概念イラスト

トリプルセキュリティシステム

来訪の方は各住戸の居住者と風除室及びエレベータホール前の操作盤で通話後にマンション内にお入り頂きます。リビング・ダイニング、リビング・ダイニング・キッチンのカラーモニター付インターホンを使い、音声・映像の両方で来訪者を確認してから解錠する、安心のセキュリティシステムです。
※住戸前インターホンは音声のみとなります。

トリプルセキュリティ概念図
  • エレベーター防犯モニター

    エレベーター内部の映像が確認できる防犯モニターを、1階エレベーター前に設置しています。

  • 防犯カメラ

    敷地・建物の各所に効果的に設置しています。不審者の侵入、犯罪の抑制が期待でき、また管理室で各カメラをモニター監視します。
    ※防犯カメラは、管理組合によるレンタルの契約になっております。

    参考写真
  • ハンズフリーシステム「Tebraキー」

    カバンやポケットから取り出さず、身につけたままリーダーに近づくだけで解錠ができるTebraキーシステムを、エントランスドア、サブエントランスなどに採用しています。
    ※住戸により本数が異なります。

    Tebraキー概念図

専有部のセキュリティ

  • ダブルロック

    各住戸玄関ドアの上下2箇所にシリンダーを設置することで、住まいの防犯性能の向上に配慮しています。

  • 鎌式デッドボルト

    施錠時、鎌状にせり出してくるデッドボルトによって、バールなどの工具によるこじ開けの防止に威力を発揮します。

  • 蓄光機能付防犯サムターン

    サムターン回しなどの不正解錠への対策として、ボタンを押さないと回せない、暗くても見える防犯サムターンを設置しました。

  • 防犯センサー

    全ての住戸の玄関ドアに防犯センサーを設置。防犯セット時に玄関扉が開いた場合、管理室・警備会社に通報します。

  • クラビスF22シリンダー

    各住戸の玄関ドアに、約5兆5千億通りもの理論鍵違い数を有し、不正解錠や不正複製が困難なクラビスシリンダーを採用しています。

    参考写真
  • 広角ドアスコープ

    広角のため、訪問者を確認しやすいドアスコープです。蓋付きで、外から覗かれることがありません。

  • カラーモニターホン「Windea」

    来訪者を確認してからオートロックを解錠できるインターホンを設置しています。

    • ○5.0型の液晶タッチパネルを採用。
    • ○集合インターホンの通話前の映像(2秒間)を子画面に映し出すプレーバック再生機能。
    • ○夜間で周囲が暗くても見やすいカラー映像。
    • ○留守中の来訪者も録音機能でしっかり確認。
  • 大阪府防犯モデルマンション登録(予定)

    大阪府防犯協会連合会が犯罪に遭いにくい構造、設備の基準を満たすと認めた「大阪府防犯モデルマンション」への登録申請を予定しています。

    参考写真

「ブランズタワー・ウェリス心斎橋」
マンションギャラリー

0120-938-2800120-938-280

営業時間:10:00~18:00

定休日:毎週水曜・木曜日(祝日を除く)