≪公式≫構造|ブランズ六本木 ザ・レジデンス|東京都港区 新築分譲マンション|東急不動産の住まい[BRANZ(ブランズ)]

≪公式≫ブランズ六本木 ザ・レジデンス|東京都港区 新築分譲マンション|東急不動産の住まい[BRANZ(ブランズ)]

STRUCTURE

安全への想いと
技術が実現した、
次代の指標となる構造

基礎免震構造

地震大国のイメージが強い日本において、資産である建物を守る構造は何かを追求。ブランズ六本木ザ・レジデンスでは、地震による地盤の激しい揺れが、上部の建物に伝わりにくいように工夫された「基礎免震構造」を採用しました。地震エネルギーが建物に伝わる前に、建物の最下層の免震装置が揺れを吸収し、躯体がダメージを受けにくくします。また、地震時に家具の転倒や建物各部分の損傷を軽減する効果もあります。

基礎免震構造概念図
基礎免震構造概念図

免震装置

建物本体と基礎の間には、地震による揺れを吸収するゴムと、鋼板を交互に重ね合わせた免震装置を設置しました。鋼板で補強された免震装置は、ゴム単体に比べて上下方向の剛性が高く、建物を安定して支持。地震時には建物の揺れをゆるやかな動きに変え、地震による揺れを軽減します。地震がおさまったあと、ゴムの持っている復元力で建物を元の位置に戻します。

免震装置参考写真
免震装置参考写真

基礎免震構造の特徴

地震エネルギーが建物に伝わる前に、最下層の免震装置が揺れを吸収し、躯体がダメージを受けにくい構造です。

「ブランズ六本木 ザ・レジデンス」

免震構造概念図

その他の構造例

耐震構造・制震構造概念図

免震構造・耐震構造・制震構造概念図

地盤調査

マンションは建物の強度だけではなく、地盤の強さ、そして建物と地盤をしっかり一体化させる基礎がなければ、その強さを発揮することはできません。そこでブランズ六本木ザ・レジデンスでは設計にあたって、地盤の特性や許容支持力を正確に把握するために、事前に敷地調査と標準貫入試験などの地盤調査を実施し、地質や地盤のかたさの確認(N値の測定)を行います。その上で安定した支持力を得るのに必要な基礎構造を決定します。※「N値」とは、地盤のかたさを示す数字で、地盤調査の際の標準貫入試験において、重量63.5kgのハンマーを76cmの高さから自由落下させ、鋼管パイプを地中に30cm打ち込むために、上から落下させた回数を示します。つまりN値が大きいほどかたい地盤ということになります。BRANZでは杭基礎の場合、通常は、N値50以上の地盤まで杭をしっかり打ち込み、建物を支えます。

標準貫入試験概念図
標準貫入試験概念図

TOPICS

清水建設株式会社

ブランズ六本木ザ・レジデンスの設計・施工は、1804年創業の長きに亘る経験と高度な技術で、数々の実績を残してきた清水建設が担当。近年、東急不動産の事業では「ブランズ六本木」、「ブランズザ・ハウス一番町」や商業施設「東急プラザ銀座」等の施工を行う。都市開発や環境問題・災害対策などの分野にも技術を活かし、社会貢献に努めている。

ブランズ ザ・ハウス 一番町/平成29年1月撮影・分譲済
ブランズ ザ・ハウス 一番町/平成29年1月撮影・分譲済
国立新美術館参考写真
国立新美術館参考写真
東京湾アクアライン/清水建設 新本社
東京湾アクアライン/清水建設 新本社