Security防犯対策

トリプルセキュリティシステム

来訪の方は、2階風除室の集合インターホンで各住戸の居住者と通話し、マンションにお入りいただいた後、2階オーナーズホールの集合インターホンでは同じ部屋番号を押し、住戸玄関前まで進んでいただく安心のトリプルセキュリティです。

住戸内カラーモニター付インターホン

来訪者を確認できるカラーモニター付インターホンを採用。
●50型の液晶タッチパネルを採用。
●2秒前の画像を映し出すプレーバック再生機能。
●夜間で周囲が暗くても見やすいカラー映像。
●留守中の来訪者も録音機能でしっかり確認。

24時間有人管理

24時間体制で万一の異常を昼夜見守る有人管理体制を導入。緊急時には的確・迅速に対応し、安全で快適なマンションライフをしっかりと支えます。
※休日 : 夏期、年末年始等(詳細は未定)
※年末年始は24時間警備員となります。

ハンズフリーシステム「Raccess(ラクセス)」

カバンやポケットから取り出さず、身につけたままリーダーに近づくだけ(約1.3m)で解錠ができるVERSA Access Controller Raccess(ラクセス)キーシステムを一部に採用しています。
※住戸により本数が異なります。

24時間遠隔監視システム

各種センサーがALSOK(綜合警備保障)ガードセンターにつながったオンラインセキュリティで、常に暮らしの安心を見守ります。万が一の場合には、ALSOK(綜合警備保障)ガードセンター及び東急コミュニティーに自動通報され、安全のプロが迅速に対応する24時間・365日体制でのセキュリティシステムを導入予定です。

エレベーター防犯モニター

エレベーター内部の映像が確認できる防犯モニターを、1階〜3階エレベーター前に設置しています。

防犯カメラ

共用部の各所に設置しています。不審者の侵入、犯罪の抑制が期待でき、また一定期間、録画保存も行います。

大阪府防犯モデルマンション登録(予定)

大阪府防犯協会連合会が犯罪被害に遭いにくい構造、設備の基準を満たすと認めた「大阪府防犯モデルマンション」への登録申請を予定しています。

専有部のセキュリティ

1防犯マグネットセンサー

全住戸の玄関ドアに防犯センサーを設置。不法侵入を感知した場合、警備会社に自動通報します。

2防犯ドアスコープ

ドアスコープを外しての不正解錠を防止する空転リングを採用しています。また、のぞき見を防止するフタを装備しています。

3PRシリンダーキー採用

各住戸の玄関ドアには防犯性の高いPRシリンダーを採用。理論鍵違いは1,000億通り。不正な解錠、複製は困難です。

3ダブルロック

住戸の玄関ドアの上下2ヵ所にシリンダーを設置しました。住まいの防犯性能を高めるための配慮です。

3セキュリティサムターン(畜光材使用)

サムターン回しなどの不正解錠への対策として、ボタンを押さないと回せない、暗くても見えやすい防犯サムターンを備えています。

3鎌式デッドボルト本締錠

バールなどの工具によるこじ開けのような破壊行為に対して、防犯性能を発揮する鎌付デッドボルトを採用しました。

Safety防災対策

共同住宅用スプリンクラー

住戸内で火災を感知すると、天井についているスプリンクラーヘッドから水を放出して消火する、極めて有効な消火設備です。
※9階〜37階住戸、38階のスカイラウンジ等に設置。

LED保安灯

玄関に万一の停電時に自動点灯するLED保安灯を設置。取りはずして懐中電灯としても使用できます。

「緊急時地震速報システム」インターホン

急な地震速報を住戸内のインターホンで確認できます。

非常時に安心の防災倉庫

簡易トイレなど様々な防災アイテムを備えた防災倉庫を設置しています。

万が一の非常時に備えたAED

電気ショックで心臓の動きを正常に戻すAED(自動体外式除細動器)を設置しています。
※AEDは管理組合によるレンタルの契約となっています。

Universal Designユニバーサルデザイン

指挟み防止ドア

玄関ドアにはドアの開閉時によく起きる指挟みを防止する機能を採用。小さなお子様などの指挟み事故にも配慮した安心設計です。

フルフラット設計

リビング・ダイニング・居室・廊下はもちろん、キッチン・洗面室などの水まわりで床段差をなくしたフルフラット設計を採用。つまずきや転倒防止に配慮しました。
※玄関・バルコニーは除く。 

シックハウス対策

シックハウス症候群対策にも積極的に取り組みました。建具や合板などには、ホルムアルデヒド放散量の少ない最高基準(F☆☆☆☆)のものを採用。クロスの接着剤にはノンホルム接着剤を使用しています。