DESIGN

ライブラリー完成予想CG

国立文化を継承する新たなシンボルへ。

豊かな緑や陽光に恵まれた開放的な立地だからこそ、どこから眺めても美しいシンボリックなデザインを追求。軽やかなフォルムと味わい深い自然素材の表情が、街並みに洗練された印象を届けます。

豊かな緑や陽光に恵まれた開放的な立地だからこそ、どこから眺めても美しいシンボリックなデザインを追求。
軽やかなフォルムと味わい深い自然素材の表情が、街並みに洗練された印象を届けます。

エントランス外観完成予想CG

国立情緒が漂う、洗練された外観デザイン。
BRANZ × 南條設計室
上質なブランズを手がけてきた南條設計室。

数々のブランズブランドを、心地よさだけでなく、住む人の豊かさを物語る作品にまで昇華させてきた南條設計室。国立という街と計画地の本質を見極めることで、新たな街のシンボルとなるデザインを追求。国立の知性を感じさせ、豊かな緑量や大きな空に似合う美しいレジデンスが誕生します。

土地のポテンシャルを最大限に活かした表情豊かなレジデンス。

南側に第一種低層住居専用地域が広がる立地を活かし、開放感あふれる空へと伸びるスタイリッシュなフォルムに。風合い豊かなホワイト系のタイルと、窓やガラス手摺に映る空の青さが、柔和で洗練された表情を漂わせます。また、一橋大学の樹々とあいまって緑量を強調するように植栽を計画。敷地の可能性を引き出した設計が住む人に誇りをもたらします。

外観完成予想CG

株式会社南條設計室 南條 洋雄

1975年 東京大学工学部都市工学科卒業。1975年〜1985年 ブラジル・サンパウロ市にて arquiteto Joaquim Guedes e associados 及び Croce, Aflalo& Gasperini Arquitetos 他に勤務。1985年帰国、株式会社南條設計室を設立、現在に至る。日本建築家協会理事、東京都立短期大学非常勤講師等を歴任。(代表物件/ブランズ本郷台・ブランズ文京東大前・ブランズ中野南台)

周囲の緑に調和しながら境界ともなる植栽。

植栽計画は豊富な実績を有す石勝エクステリアが実施。緑豊かな立地に調和する樹種を選択し、街に潤いをもたらすと同時に、植栽がやわらかな緑の境界を成し、住む人をやさしく包みます。

外観完成予想CG

国立の知性を映し出す共用部。素材へのこだわり。

上質な素材を貼り分けた豊かな表情。

上層階にはホワイト系のタイルを水平に貼り、落ち着いた印象に。重厚感ある低層部の天然石と貼り分けることで変化に富んだ表情を演出しています。また、低層部の外壁を張り出させて陰影を描き、趣深いデザインとしています。

共用部はシックにコーディネート。

文教地区・国立を代表するレジデンスを追求し、共用部にはラウンジを設置。スタイリッシュに貼り分けた床材が天井や壁の木質感とあいまって、ぬくもりと落ち着きを漂わせます。書棚には、国立文化にちなんだ書籍もコレクション。住む人を豊かな時間へ誘います。

外観・内観マテリアルイメージ

国立らしい、知性が薫る邸宅へ。 一歩入れば、都市の喧噪を忘れる上質な共用部。知性が薫るライブラリー・ラウンジが住む人を迎え、心を満たす豊かな時間を刻み始める。

ライブラリー完成予想CG