≪公式≫ブランズシティ久が原|太田区 新築分譲マンション

REPORT 契約者座談会レポート

マンションという大切な資産の購入を決断するまでには、様々な不安や葛藤があるもの。
先輩契約者の皆さんはどのような点が決め手となって『ブランズシティ久が原』を選んだのでしょうか?
3組の先輩契約者の皆様と物件担当者による座談会の様子をレポートします!

Member 座談会参加者紹介

  • Aさん夫妻 30代
  • Bさん夫妻 40代
  • Cさん家族 30代
  • ブランズシティ久が原 商品計画担当 谷口真
  • 東急不動産 宣伝担当 中島文恵
  • ブランズシティ久が原 販売担当 増田汐季

Symposium 座談会

  • 池上線・多摩川線の2路線利用可。交通利便性は大きな魅力。池上線・多摩川線の2路線利用可。交通利便性は大きな魅力。

    Aさん夫妻「やっぱり通勤・通学は毎日のことなので、2つの路線が利用できて2つの駅に近いという点は大きな魅力です。そして、池上線が快適なのは駅が大きすぎないこと。以前東横線沿線に住んでいたんですが、東横線の駅は大きくて便利ではあるものの、ホームまでの距離がとても遠いんです。その点、池上線は改札を通ってすぐにホームという駅が多く、久が原駅なら階段を4段上がれば到着します(笑)。毎日の生活のことを考えると、これってとっても大切なことですよね。駅まで坂がなくてフラットなのも魅力です。」

    Cさん家族「僕も妻も五反田に勤務しているので、池上線を使えば乗り換えナシで通勤できるのがうれしいですね。実は妻の実家が久が原なので今も地元に住んでいるのですが、平日の通勤時間帯も少し時間をずらせばラクラク座れます。8:30前後は少し混むかもしれませんが、それでも田園都市線のラッシュ時の混雑と比べればストレスは感じません。久が原駅からは都内の主要駅まで30分〜40分でどこにでも出られます。乗り換え回数は多くなりますが、それぞれの乗車時間が短いので乗り換えも苦になりませんよ」

    Aさん夫妻「池上線は運行本数が多いので、1本乗り遅れても待ち時間がほとんどなくて快適なんですよね」

    Bさん夫妻「妻の実家へは飛行機で帰るのですが、久が原から羽田空港までバスが出ていると聞いて便利だなと思いました。タクシーでも5,000円ぐらいなので、出張や旅行のときも便利です」

    中島「久が原は、池上線と多摩川線がちょうど近接する場所にあるので、『ブランズシティ久が原』からは、池上線の久が原駅へ徒歩4分、多摩川線の鵜の木駅へ徒歩5分という恵まれた駅近環境にあります。また、白山神社の前にある久が原入口バス停からは、1時間に1本(7時台・19時台は2本)羽田空港までのバスが運行しており、50分ほどで到着します。

    池上線が山手線に直結していることをご存じない方が意外に多いのですが、山手線へ直結する交通アクセスの快適さは、暮らしやすさの大きな魅力につながるのではないでしょうか?」

    次の記事へ
  • 歴史ある街並みは強固な地盤の証明。静かな高台も魅力。歴史ある街並みは強固な地盤の証明。静かな高台も魅力。

    Aさん夫妻「確かに、久が原はお金持ちが住んでいるイメージがありますよね?僕の実家は隣町にあるんですが、坂を上がって久が原に入ると、建っている家の大きさがまったく違うんです(笑)」

    Cさん家族「わたしは久が原で生まれ育ったんですが、災害に強い土地だと聞いています。実際に東日本大震災の時にもほとんど地震の揺れを感じなくて、改めて地盤が強い地域なんだなと痛感しました。それに小学校・中学校の評判も良いので、安心して子どもたちを公立学校に通わせることができます」

    Bさん夫妻「実は僕らは久が原の街のことはほとんど知らなかったんですが、街を歩いてみてここはお屋敷街なんだなと気付きました。でも決して気取った雰囲気はなく、駅前には昔ながらの親しみやすい商店街が続いている点も気に入りました。多摩川にも近いですし、都内なのに豊かな自然に囲まれていて家族でおだやかに暮らせそう。カラダを動かすことが大好きなので、自転車に乗ったり多摩川をジョギングするのもいいですね」

    増田「実は『ブランズシティ久が原』は地元支持率が高く、ご来場者様・契約者様の現状半数以上が大田区在住の方。久が原の街の歴史のことをよくご存知で、良いイメージをお持ちの方や愛着を持っている方たちが成約してくださっています。

    また、成約理由のひとつとなっているのが、この地域の地盤の良さにあります。10万年ほど前から形成された武蔵野台地は関東ローム層による堅固な地盤を持った土地であり、その高台に位置しているのが久が原です。高台の環境にありながらも、駅からはフラットアプローチが実現する点も特徴ですね。

    ちなみに、過去20年、東京23区内で敷地面積が8000㎡を越える物件はわずか約2%。東京都内で、静かな高台の駅近に位置する大規模マンションが、いかに希少か?ということも、契約者の皆様はよくご存知のようです」

    前の記事へ 次の記事へ
  • ハンドメイドだからこそ完成する上質な風合いの外観は“住む人の資産”にハンドメイドだからこそ完成する上質な風合いの外観は“住む人の資産”に

    谷口「デザインの部分でお客様から特に高いご評価をいただいているのは外壁材に使用しているハンドメイドタイルです。ひとつひとつ熟練職人さんが窯に入れて焼き上げるため、一枚として同じタイルはありません。焼きムラも風合いなのです。

    実は、このタイルの色に至るまでには相当な数の試作品を作り、その中から厳選して色を決定しました。外壁というのはマンション全体の印象を左右する大切な資産ですから、緑豊かな周辺の街並みの背景となるような上質な風合いが感じられる素材選びを心がけました。

    また、もともとこの場所に植えられていた上質な大径木の既存樹を共用スペースの木材として活用し、彫刻家の松田重仁さんによるオブジェやレリーフ、ベンチなどが敷地内の各所へ設置されます。古くからこの久が原の地に根ざした緑を後世へとつなぐ『モノづくりストーリー』にも共感を覚えてくださるお客様が多いようです」

    谷口「敷地中央に広がる中庭のディライトガーデンには、土地の高低差を生かして地下水を汲み上げ、小川のせせらぎを作り出しました。

    また、敷地の中の既存樹を極力残したいという想いがあり、春の桜や秋の紅葉のほか、この土地ゆかりのユズの木も植えるなど季節の実りもお楽しみいただけます」

    中島また、敷地の中の既存樹を極力残したいという想いがあり、春の桜や秋の紅葉のほか、この土地ゆかりのユズの木も植えるなど季節の実りもお楽しみいただけます」

    デザインや空間づくりに対するこだわりをもって計画していますので、上質な住まいをお探しのお客様に自信を持ってオススメできる物件だと思います」

    Bさん夫妻「敷地の中にこんなに広い中庭があったり、バーベキューコーナーがあったりするのに、他の小さなマンションと比較しても意外と管理費が高くないんですよね。どうせ管理費が変わらないなら、共用部が充実している大規模マンションのほうがいいなと思ったのも決断のきっかけになりました」

    Cさん家族「中庭がセキュリティに守られたエリアの中にあるので、子どもたちだけで遊ばせておいても安心ですよね。セキュリティの充実度は、やはり一戸建てにはない魅力です」

    前の記事へ 次の記事へ
  • 多くのマンションを作ってきた会社だからこそ“お客様の声”を生かして快適さを追求多くのマンションを作ってきた会社だからこそ“お客様の声”を生かして快適さを追求

    Bさん夫妻「“収納が大きくて使いやすい”という点も気に入っています。賃貸マンションだと収納スペースがぜんぜん足りないので、押入れサイズの『マルチストレージ』が設置されているのが嬉しいですね。それと、キッチンの上部にラップやキッチンペーパーを収納できるストレージハンガーがついている点も便利。収納の使いやすさがちゃんと工夫されていて、すごいなと思います。

    やっぱり収納の充実度次第で暮らしやすさは変わるもの。この機会に造作家具の書棚をオーダーしようかと検討中です。せっかくなら、部屋の建具とおそろいの収納家具のほうがお洒落ですから」

    Cさん家族「僕たちは、建売住宅か? 注文住宅か? マンションか? と悩みながら、結局最終的にマンションにたどりついたので、建売住宅には足りない設備、注文住宅では予算的に手が出せない設備などをいろいろ見てきて、最終的に『ブランズシティ久が原』の設備・仕様のグレードに惹かれたところが大きいです。

    例えば、廊下がタイル張りになっていること、タンクレストイレやミストサウナが標準装備されていること、そして、バルコニーにスロップシンクがついていること。設備・仕様のレベルが本当に高いと思います」

    Bさん夫妻「キッチンの天然御影石のカウンタートップも高級感があってステキですよね! キッチンカウンターがとっても広くて使いそうな点も気に入っています」

    谷口「東急不動産は、お引渡しが完了した後で、ご入居者様が実際にどんな風に暮らしていらっしゃるのか?実生活についてのヒアリング調査を行っています。意外にも、設計担当者が意図した通りに家具が配置されていなかったり、収納の使い方が違っていたりといろいろな発見がありますので、お客様の生活実態の調査結果に基づいて新しいマンション計画で改善します。

    例えば、“かさばりがちな季節布団を収納するところがないから、圧縮袋に入れてくるくる巻いてしまっている”というご意見がご入居者様から聞かれたため、『ブランズシティ久が原』では、すべての住戸に押入れサイズの収納として『マルチストレージ』をご用意しました。

    また、大規模マンションならではのメリットとして、バーベキューセットや来客用布団、脚立など、年に数回しか使わないアイテムをマンション全体でシェアし、コンシェルジュを経由してレンタルできる仕組みを設けました。こうすることで各住戸の所有アイテムを軽減でき、お部屋の中で、スッキリ快適に過ごしていただけるのではないかと思います」

    前の記事へ 次の記事へ
  • 平成29年2月の引き渡しに向けて、新生活の準備期間もワクワクがいっぱい!平成29年2月の引き渡しに向けて、新生活の準備期間もワクワクがいっぱい!

    Aさん夫妻「引越しまでの間の準備もいろいろ楽しめますね。僕は設計の仕事をしているので、図面から寸法を測って家具の配置をシミュレーションしています。さっそくお気に入りのダイニングテーブルが見つかったので予約をしました」

    Cさん家族「うちは専用庭がついた住戸を選んだので・・・これまで苦手だったんですけど、ガーデニングとか庭づくりにもチャレンジしてみようかな(笑)」

    Bさん夫妻「Dさんは今も地元にお住まいですよね?久が原でオススメのお店ってありますか?」

    Cさん家族「ライラック通り商店街にはよく買い物に出かけます。雑誌などによく取り上げられている美味しいパン屋さんやスイーツショップがあるので、地元でのショッピングも楽しいですよ!」

    増田「ご成約者様の中には“入居したあとどんなお友達ができるか楽しみ”という方もいらっしゃいます。住民数が少ない小規模マンションだとお互いの顔がわかる分、お付き合いの距離感の取り方が難しいと言われるのですが、この『ブランズシティ久が原』のような大規模マンションなら、ご自身の好きな距離感で他の方たちと交流できるメリットがありますから、DINKSの方、子育てファミリーの方、年配の方まで、世代を問わず暮らしやすい環境が整っているのではないかと思います。

    ご入居後は、ディライトガーデンのステージを使って入居者の皆様が参加できる季節の交流イベントなども予定していますから、ご入居者様同士が自然な形でコミュニケーションを育めるよう、私共東急グループがサポートして参ります」

    前の記事へ

いかがでしたか?

3組の先輩契約者の皆様は、

などのポイントに魅力を感じて
『ブランズシティ久が原』の購入を決断されたようです。
ぜひ皆さんもマンションギャラリーを訪れて、ご自身の目で魅力を確認してみてくださいね!

※掲載の契約者座談会レポートは平成28年9月に実施したご契約者様座談会における個人のご意見となります。
※掲載の写真は平成28年9月に撮影したものです。