エントランス完成予想CG

SCROLL

POINT

セキュリティライン

BRANZ六本木 飯倉片町は、外部からの不正な侵入を防ぐため、三重のオートロックと住戸の鍵による四重のセキュリティを採用しています。2階以上の住戸については、エレベーター等の制御によるフロアセキュリティを採用しており、細心の配慮によって防犯性を高めています。

■フェンス

隣地の道路との境界には、フェンスを設置しています。不審者の侵入を未然に防ぐ効果があります。
※人や車が通る部分を除く

参考写真
POINT

24時間遠隔監視システム

暮らしの安全を守り、万一の場合も安心な24時間遠隔監視システムを採用。共用部の受水槽などで異常があったときや、住戸内で火災などの異常があったときに、ただちに管理会社の監視センターと警備会社のコントロールセンターに自動通報。必要に応じて警備員が駆けつけ、的確に対応します。

セキュリティ概念図 ※上記概念図は一部変更となる場合があります。

日勤有人管理

日中はコンシェルジュと管理員が常駐。24時間見守る先進のセキュリティシステムに加え、人の目が見守る安心感を追求しました。

日勤有人管理システム概念図

エレベーターの防災対策

停電時自動着床装置

万一、エレベーターが停止階間で停止した場合、エレベーターの安全を確認した上で、自動的に最寄りの階まで低速運転し、ドアを開きます。

閉じ込めを防ぐ「地震時リスタート運転機能」

地震時管制運転中に安全装置が作動し、階間に非常停止した場合でも、安全装置が復帰すれば最寄り階への運転を行ないます。閉じ込め被害を低減するための機能です。

長時間停止を解消する「自動診断・仮復旧運転サービス」

震度5弱程度の地震発生時にエレベーターのかごを「地震時管制運転システム」により、最寄り階に停止して利用者に避難してもらいます。その後一定時間経過したことろでエレベーターが自動で仮復旧させ、長時間の運転休止を回避します。

火災時管制運転

火災が起こった場合、エレベーターを避難階へ直行で着床させ、乗客の迅速な避難を促すとともに、閉じ込めを防ぎます。また災害時のエレベーターの使用を禁止し、二次災害を防ぎます。

地震時管制運転(P波・S波)

地震時の初期微動(P波)をいち早くキャッチしてエレベーターを最寄りの階まで運転し、ドアを開きます。本震(S派)が小さい場合には自動的に通常運転に復帰します。