外観完成予想図

SCROLL

外観完成予想図

変わり続ける六本木の傍らで、変わらぬ価値を生み出すために招聘したのは
ここ六本木に70年余り事務所を構え、
時代を超える幾多の名建築を生んできた坂倉建築研究所。
別荘建築で培われた豊かな空間創造力と、普遍性の高い意匠によって、この地にふさわしき邸を描きます。

デザイン監修坂倉建築研究所

近代建築の巨匠ル・コルビュジエのアトリエに師事した坂倉準三を祖とする建築事務所。開設70年あまりの深い歴史を持ち、組織力が必要な大規模な都市施設から、きめ細やかな対応とデザイン力が求められる個人邸・別荘に至るまで、一貫して人間のまざざしをもってデザインに取り組む姿勢を堅持している。

パリ万博 日本館
坂倉準三

その地が導く最良の建築へ

坂倉建築研究所の祖である坂倉準三が、建築を創るうえで貫いていたのが「つくられる場所に最も適合し、その魅力を最大限にひき出してつくられるべき」という信念。この六本木・飯倉片町にふさわしき邸とは何か、周囲を巡り熟慮を重ねました。六本木は常に最先端の文化を生み出すエネルギッシュな街である一方、この地はひとつ通りを入れば思いがけないほどの緑と静寂が残っています。周囲には名作と呼ばれる建築も多く、その落ち着いた街並みに馴染む「昔からそこに在ったかのような建築」こそが、この地が求める姿であると感じたのです。

大地に根ざす、風格の33邸

このプロジェクトを設計するにあたって、テーマとして掲げたのは「ひとつの大邸宅のような集合住宅」。共用部まで含め、隅々まで自分の家だと感じ、心から寛げる住まいであるために、エントランスからカーペット敷きの内廊下を進み、灯が指し示す住まいへ至るまで徐々にプライベート感が増す設計を心掛けました。暖炉のあるラウンジは、住民の皆様のためのリビングのような存在です。外観においては、六本木ヒルズや東京ミッドタウンといった先進の建築が垂直に伸びるのに対し、横への広がりを表現することで、大地に根ざした風格を表現します。

エントランス完成予想CG

その地が導く最良の建築を
目指すということ。

坂倉準三が貫いたのは、建築は「つくられる場所に最も適合し、その魅力を最大限にひき出してつくられるべき」という信念。 時に磨かれた石積みや深い緑陰といった六本木・飯倉片町の風景に敬意を払い、本物の素材にこだわり抜いた、大地に根差した建築によって、「昔からそこに在ったかのような建築」を創造する。

Material Image
サブエントランス完成予想CG

大地に根差し、周囲に馴染む、風格の33邸。

目指したのは、一歩大通りを入れば思いがけないほどの静寂が包む、六本木・飯倉片町の環境にふさわしい住まい。
六本木ヒルズやミッドタウンといった先進の建築が垂直に伸びるのに対し、水平ラインを強調することで、環境に馴染み大地に根ざした風格を表現。
さらに、味わい深い石積みやタイルの残る美しい周囲の街並に敬意を払い、
天然素材にこだわった石積みや、光を受けて陰影豊かな表情を描くスクラッチタイルの壁が生まれた。
時と共にうつろう深い陰影や表情が、時代が変わっても変わらぬ美を描き出す。

敷地配置イラスト
ラウンジ完成予想CG

ひとつの大邸宅のような空間を描く。

Material Image

33邸だけのために設えられた
上質な空間に身をゆだねる。

「ブランズ六本木 飯倉片町」の大きなテーマとして掲げられたのは「ひとつの大邸宅のような集合住宅」という思想。共用部の隅々まで自分の家だと感じ、心から寛げる住まいであるために。33邸のためだけに制作されたステンドグラスの輝きや、なめらかなカーペットや暖炉の炎のゆらぎが、深い寛ぎを描き出す。

ラウンジ完成予想CG

ステンドグラスや暖炉が迎えるラウンジ。

重厚な車寄せを通り過ぎ、カーペット敷きの内廊下を進み、奥まったラウンジへと歩を進めるうちに、優しく親密な空気に包み込まれてゆくように。「ひとつの大邸宅」を目指してデザインされた共用部には、寛ぎのための設計が施されている。中でも暖炉が象徴的なラウンジは住まう方々のリビングのような存在。時の流れを刻々と映し出すステンドグラスに、革張りのソファ、柔らかなカーペット。丹念に選び抜かれ、設えられた空間には、豊かな寛ぎの時が流れている。

眺望合成CG