それは1923年。日本で初めて提供した私たち。以来、「比類なき住まいへの挑戦」というDNAを連綿と受け継いできました。「あれから100年の節目を迎える前に、BRANZのフラッグシップを」との思いを抱く私たちが巡り会ったのが、洗練と成熟を深めてきた二子玉川の地。DNAが磨き上げてきた美意識を注ぐ新たな挑戦にふさわしい。 纏うのは、街のきらめきに映える上質な外壁。天空には、四季折々の潤いと共生する庭園。先進都市が求める知性や感性を育むギャラリーや、開放感に充ちた二層吹抜けのエントランスホール、光を招き入れるエアーウェルまでもそなえたレジデンス。邸宅美の枠を集めたこの姿こそ、二子玉川でしか成し得ないであろう美意識。住む人らしい時間を豊かに磨き上げ、人生をさらに高みへと導いてくれる邸宅。 2017年、BRANZは二子玉川での運命の出会いを機に、その先の極みへと挑みます。美意識の極みへ。「ブランズ二子玉川テラス」誕生。